main_bg

藤商事『リング呪い再び(甘デジ)』ホールでの人気は上々!

スポンサードリンク

藤商事さんの大黒柱とも言えるリングですが、甘デジがリリースされてから1ヶ月以上たちますが、まだ元気に活躍中とのこと。

勝てる確率が判明しましたので、順を追って解析結果を紹介していきたいと思います。

それではまずスペックのおさらいから!


【スペック解析】

リングスペック

初当り確率1/99のV-STとなっていますが、通常時8個保留となっており、特図1と特図2の交互変動になっているのが特徴です。

初当りからの確変割合は60%ですが、これは特図1と特図2の合算です。

特図2は確変割合100%となりますから、特図1で当った時の確変割合は低くなりそうですね…

初当り時の特図1と特図2の割合を見てみましょう。

リング当り振分

やっぱりというか、特図1の確変割合は20%しかありませんね…

しかも97%が4Rとなっており、かなりやる気がない感じになっちゃってます。

一方、初当りが特図2であれば、100%確変ということになります。

せめて非確変でも時短がたくさん付いていればいいのですが、時短はたったの20回転。

時短20回の引戻し率は約18.2%しかないので、これはあまりにも酷い仕打ちと言えます。

初当りが確変だった場合は連チャンモードに突入しますが、ST80回転に対して大当り確率は1/80なので、


連チャンモード継続率は、約63.2%!

連チャン中は約3割が純増1000個以上の出玉となっているため、連チャンモード中の大当り内容はかなり重要です。


【実戦シミュレーション『VSビッグドリーム神撃』】

リング比較

一撃性能の高いビッグドリームとの比較ですが、勝率では勝ったものの、他の要素では全敗となりました。

ただ、完敗というわけではなく、全体的に僅差となっています。

連チャン中の出玉が多めに設計されているため、ビッグドリームほどではないにしても、高い連チャン性能を持っているようです。


【ボーダーライン(期待値)】

リング期待値

ボーダーラインは等価で17.2回転、非等価で18~19回転となっており、甘めの設計となっています。

ちょっと波の荒いタイプなので、あまり楽観視はできませんが、積極的に狙っていきたい機種のようですね。


【軍資金1万円勝負!勝ち逃げは成功するか!?】

このコーナーでは、甘デジの平均軍資金である1万円を手に、勝ち逃げに挑む企画です。

勝ち逃げとは、少しでもプラス域に達したら成功で、即撤退するという勝率にこだわった真剣勝負です。

それでは結果をみていきましょう!

リング勝ち逃げ

ボーダーラインでは約65%で勝ち逃げができることが判明しました!

V-STということと、初当りが非確変だった時の巻き返しの難しさから、ちょっと成功率が低いような気がします。

これは期待値がプラスになっても、飛躍的に成功率が上がらないことからも、波の荒さがわかりますね。

期待値がマイナスだと勝ち逃げは難しい(それでも50%は成功しますが)ので、回転数が足りないとわかったら、撤退を考えた方が良さそうです。


【まとめ】

  • 藤商事さんの大黒柱、リング呪い再びの甘デジはV-STタイプ!
  • 一撃性能は高いものの、初当りが非確変だと、巻き返しが難しい!
  • スペックとしては甘い設計なので、積極的に狙っていきたい!
  • 波の荒さから、勝てる確率はちょっと低め。勝ち逃げするなら即撤退が吉!