ジェイビー『クイーンⅡDX』1/9リリース決定!

甘デジの王者として君臨した前作クイーンⅡの続編がリリースとなりました。

大きな違いはヘソ賞球が4個になったことですが、前作をちゃんと上回れるのか、スペック徹底比較を行います!

それでは早速スペック解析スタートです!

スポンサードリンク

crfq2-1


スペック解析

spec

前作と同じ1/99の確変突入100%STとなっています。

STは同じ8回転、そして同じ電サポ回数となっていますね。

違う点と言えば、


  • ヘソの賞球が3個から4個に上がった
  • アタッカーの賞球が11から10に下がった
  • 16R比率が11%から12%に上がった
  • 通常時からポケット入賞するようになった

こんなところでしょうか。

ヘソ賞球が4個に増えたことで、連チャン中の性能が少し下がっているのですが、あまりそれを感じさせないようなスペックになっています。

パッと見たところ、「お!16R比率上がってるじゃん!」と思わせるのが思惑なのでしょう。

あまりアタッカーの賞球って目立ちませんからね…

ST8回における引戻し率は約50.1%と変わっていません。

時短での引戻しについては、以下の様になります。


  • 時短32回:約27.5%
  • 時短92回:約60.4%
  • 平均時短39.2回:約32.6%

よって、ST+時短の連チャンモード継続率は、約66.4%となります!

Sponsored Link


一撃爆発力勝負!VSクイーンⅡ

前回よりも爆発力は下がっているのですが、どれくらい下がっているのか、見ていきたいと思います。

hikaku

全体的に負けていますね…ヘソ賞球がアップすると、これくらいの差が出てしまうということです。

10000発だとおよそ10%も差がついてしまい、20000発だとおよそ倍、そして30000発だと3倍の差がつきます。

まぁ誤差の範囲内と言えば範囲内ですが、勝率でさえ勝つことが出来ないのは、ちょっと痛いところですね。

前作のような安定感、爆発力はちょっと望めないような結果となりました。


ボーダーライン(期待値)

気になるボーダーラインを見ていきましょう!


4円パチンコ

2754

2804

なんとスペックとしては非常に甘くなっています。

等価で18.4回転となり、27.5玉交換で19.6~20.3回転、28玉交換だと19.9~20.6回転となります。

甘デジなのに目安が20回転程度となるのは、ちょっと珍しいかなと思います。


1円パチンコ

2751

2801

1円においても甘いのは変わらず、等価で14.7回転となります。

非等価の場合は、27.5玉交換だと15.7~16.2回転、28玉交換だと15.9~16.5回転となります。

目安は16回転前後といったところでしょうか。


まとめ

  • 甘デジの王者、クイーンⅡの後継機が登場!
  • ヘソ賞球が4個になったことで、連チャン性能はいささかダウン!
  • ボーダーラインはなぜか甘いため、攻める価値は十分ありそうです!

【甘デジランキングはこれだけじゃない!甘デジを制覇せよ!】

甘デジランキングは、2016年リリースの機種からほぼ全ての機種に対応しています。

甘デジはホールに設置されている期間が長いので、今からでも遅くありません!

全ての甘デジランキングの歴代まとめ一覧を作成したので、一度チェックしてみてくださいね。

⇒【パチンコ勝てる甘デジ】歴代おすすめランキングまとめ一覧!2016年からの甘デジはおまかせ!

Sponsored Link