タイヨーエレック『逃亡者おりん3(1/99ver)』2月13日からリリース開始!

今回のおりんは、初めからライトミドル1/229と甘デジ1/99のダブルスタンバイとなっています。

ライトミドル1/229verは、以下からスペック解析をチェックしてくださいね。

⇒逃亡者おりん3のライトミドル1/229verのスペック解析まとめ!

ライトミドル同様に、第3弾のおりんは今まで確変ループが中心だったわけですが、今回は史上初の確変非100%STとなっています。

STのくせに確変割合が100%になっていませんので、注意が必要です。

特殊なスペックとなりますので、早速スペック解析から行っていきましょう!

スポンサードリンク

logo


【スペック解析】

無題

初当り確率は1/99となっており、ライトミドルと同じ確変非100%のSTスペックとなっています。

初当りは8個保留となっていて、特図1と特図2の交互抽選となっていて、特に確変割合も変化ありません。

特図1も特図2もラウンドの構成は同じですが、割合が異なります。

それぞれの大当り割合は以下の様になります。

furiwake

確変割合は70%と高く感じますが、STなのでそのまま大当りせずに抜けてしまうことも考えられます。

確変でも非確変でも電サポとしては50回転となりますので、演出上は同じ連チャンモードに突入するみたいですが、振分を見るとわかりますが、10Rであれば確変が確定します。

見た目だけで言えば、連チャンモード突入率も継続率も100%ということになります。

実際のことを考えると、確変だった場合のSTで引き戻せる確率は約68.2%、時短だった場合は時短50回での引戻し率は約39.5%となりますので、

単発で終わらずに連チャンさせることができる確率は、約59.6%!

ライトミドルよりも連チャン継続率は低くなりますが、確変割合も低いため仕方ないですね。

Sponsored Link


【爆発一撃実戦シミュレーション『VSソフトオンデマンド&鉄拳2】

同じくらいの初当り確率である、新台にもなっているソフトオンデマンドと鉄拳2で勝負してみましょう!

hikaku

勝率、5000発GET率はおりんの勝利となりましたね。

10000発以上になると鉄拳2の方が上となります。

ソフトオンデマンドはちょっと中途半端な結果となりました。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいるので、27.5玉と28玉交換に対応しています!

また最近は新台で1パチ導入も多いため、4パチと1パチそれぞれで解析を行っていきます。


『4円パチンコ』

2754

2804

等価だとボーダーラインは18.7回転となり、甘デジとして考えてもとても甘いです。

ライトミドルよりも甘いので、これはねらい目ですね。

非等価になると、27.5玉では20.0~20.6回転、28玉では20.2~21.0回転がボーダーとなります。

目安は20~21回転前後となりそうですね。


『1円パチンコ』

2751

2801

4円に比べて単価の低い1パチですが、等価だと15.0回転がボーダーラインです。

非等価になると、27.5玉では16.0~16.5回転、28玉では16.2~16.8回転となります。

16~17回転が目安となりそうです。


【まとめ】

  • 逃れ者おりんシリーズ最新作は確変非100%のSTタイプ!
  • 甘デジもライトミドルと特にゲーム性の変更はなし!
  • ボーダーラインは甘い感じなので、積極的に攻めてOKです!

【甘デジランキングはこれだけじゃない!甘デジを制覇せよ!】

甘デジランキングは、2016年リリースの機種からほぼ全ての機種に対応しています。

甘デジはホールに設置されている期間が長いので、今からでも遅くありません!

全ての甘デジランキングの歴代まとめ一覧を作成したので、一度チェックしてみてくださいね。

⇒【パチンコ勝てる甘デジ】歴代おすすめランキングまとめ一覧!2016年からの甘デジはおまかせ!

Sponsored Link