ikemendesune

 高尾『美男ですね(1/77)』9月4日にリリース決定!

スポンサードリンク

1/319の新MAXで人気を博した韓国ドラマパチンコが、ついに甘デジに登場です。

しかもスペックは1/77と1/141の2つもあり、どちらも甘デジ(初当り確率はおよそ倍違いますが)の同時リリースとのこと。

おそらく1/77が中心になりそうなので、まずは1/77から紹介していきたいと思います!

それではスペックを見ていきましょう!

スペック


【スペック解析】

スペックは1種2種タイプであり、マクロスフロンティアやAKBと同じゲーム性となっています。

1種2種タイプにも当然65%継続規制が適用されているため、突入も継続も65%以下でないといけません。

今回の甘デジでは、突入は50%、継続は64.8%となっており、特に継続は65%ギリギリを攻めた形となっています。

初当りは4Rと5Rしかないものの、連チャン中は10Rが存在するため、勝利には10Rを引くことが必須となります。

継続率もそこまで高くなく、しかも10Rが全体のおよそ1/3しかないので、なかなか思うように出玉増加は見込めないかもしれません。

せめて時短があれば良いのですが、1種2種スペックは時短そのものが連チャンモード(1種2種タイプには確変という概念が存在しない)なので、それも無理。

今までの1種2種タイプは継続率で引っ張っていたイメージがありますから、今後は1種2種タイプにとってはちょっと厳しい時代になるかもしれません。


【実戦シミュレーション『VSマクロスフロンティア』】

というわけで、同じ1/77のマクロスフロンティアと勝負することとしました。

まだマクロスフロンティアは継続率は高いので、どういう結果が出るか楽しみですね!

hikaku

やっぱりだめでしたか…

全体的に完敗ということですね。

勝率が若干高いものの、やっぱり全体的に見劣りしてしまっている感は否めません。


【ボーダーライン(期待値)】

期待値

ボーダーラインは等価で21.5回転、非等価で23~24回転と甘デジとしては標準的なスペック設計だと思います。

これ以上辛くすると、ぶん回しても元が取れなくなります(連チャンモードがショボくなる)から、これくらいが妥当だと思います。

1000円で20回転回ったとしても、ボーダーには届いてませんので注意してください!


【まとめ】

  • 美男ですねがついに甘デジに登場!
  • 甘デジは1/77と1/141とあるが、多分中心は1/77になりそう!
  • 1種2種タイプは確変がないため、継続率は65%が限界…
  • ボーダーラインは甘デジとしては標準的だが、基本はブン回し必須です!