kg_cd

スポンサードリンク

ついに復活してくれましたね、F花月シリーズ!

前作の花月はもう9年も前で、まだ大当り確率の上限が1/500の頃でした。

冷え切っているミドルタイプだからこそ、ミドルを復活させたいと思う三共さんの気持ちが伝わってきます。

最近も倖田來未や浜崎あゆみ2など、ミドルタイプを推していますよね。

今回の花月はミドルタイプとライトミドルタイプの2つ用意されています。

ここではミドルタイプについて紹介します!

(ライトミドルのスペック攻略はこちらからどうぞ!)

ではスペックからどうぞ。


【スペック】

真花月ミドルスペック表改め

今回から、ボーダーラインにプラスして勝負ライン(撤退ラインと安心ライン)も算出しています。

(勝負ラインについては、こちらを参照ください!)

そのボーダーラインですが、とても辛い数字になっているのがわかります。

等価ボーダーなのに19回強。

これは牙狼やルパンで言うところの、3円(33玉)交換におけるボーダーラインです。

今回のF花月では、特別なアタッカーが搭載されており、かなりムダ玉のロスが削られていると聞いたので、それも踏まえて大当り出玉を多く設定しています。

にも関わらず、辛いボーダーとなっているのがどうも気になりますね。

平和の黄門ちゃまのような、出玉上乗せシステムでも搭載しているのでしょうか…


【実戦シミュレーション】

花月ミドルスペックシミュ

いつも通り、会社帰りと休日の2パターンでシミュレーションしています。

注目したいのは一撃出玉性能ですね。

2400発に比重がおかれているため、一撃の性能は非常に高くなっています。

20000発までは現実味のあるスペックになっていて、30000発でも手が届きそう。

とは言っても単発は4Rしかないので、単発引いて時短で引き戻してまた単発…ということを繰り返していると、全然増えません。

1回でも良いので、確変大当りの塊が来てくれないと、なかなか勝つのは難しそうです。


とにかくたくさん回る台を!

他の機械と同じ調整をされてしまったら、残念ながら手の打ちようがありません。

撤退ラインは他の機械のボーダーラインと同じなので、注意が必要です。

とは言え、待ちに待ったF花月シリーズなので、ちゃんとホールには運用して欲しいところです!

↓ランキングに参加しています。1クリックのご声援、よろしくお願いします!

パチンコランキングへ

↓遊んでパチンコ実戦シミュレーションという手もアリです!


↓こちらもパチンコ攻略情報が豊富です!