IMG_4519

藤商事『地獄少女弐(甘デジ)』2月8日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

ミドルスペックの確変ループでありながら、前作さながらの好評を得ている地獄少女弐ですが、いよいよ甘デジが動き出したみたいですね。

今回の甘デジはスペックに特徴があり、初当り確率、ゲーム性共に他の甘デジとは一味違った面白さになっている模様!

というわけで、早速スペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

地獄少女弐甘デジスペック

初当り確率1/69という特殊な確率になっている甘デジですが、あまり見ない確率帯と言えます。

甘デジと言えば1/99が主流でしたが、1/89も多くリリースされるようになり、北斗の甘デジを代表する1/77も珍しくなくなってきました。

1/50タイプを大一さんが流行らせようとしていますが、あまりにも玉が出なくて流行っていない中、その中間となる1/69を新たな土俵として設定している狙いも見え隠れしています。

しかもスペックも特殊であり、平和さんの戦国乙女の甘デジを代表するST突破型と、確変の転落抽選のドッキングスペックになっています。

このタイプは小生が知る限り、初めてのタイプではないでしょうか。

ミドルスペックが好評だった地獄少女弐だからこそ、甘デジでチャレンジしてみようとするあたり、メーカーとしての攻めを感じてしまいます。

ゲーム性としては、初当りは確変100%となっていますが、電サポ状態でない場合は電サポ回数が少なく設定されており、限られた電サポ回数で大当りを引くと、電サポが100回付加されるタイプです。

初当りでは基本的に電サポは8回か16回となりますが、それぞれの引戻し率は、


  • 電サポ 8回:約19.2%
  • 電サポ16回:約34.8%

なかなか引戻しがキツいのですが、STではないため、確変が転落しない限りはずっと確変状態となります。

確変が転落するのは1/105となっているので、即ヤメするのはちょっと危険ですね。

明確な止め時は難しいですが、30回転程度回して、高確率である1/37を引けなければ、転落したと判断するのも手かもしれません。

初当り確率が1/69と甘いだけに、ズルズルと打ち続けることになりそうですね…

確変は転落であるものの、電サポが100回ついてしまえば、転落していても100回続くため、連チャン率は非常に高くなります。

いつ確変が転落するかはわかりませんが、もし100回転ずっと確変であれば、


連チャン継続率は約93.1%!

仮に大当り終了後1回転目に確変が転落したとしても、


連チャン継続率は約76.3%!

「おいおい、1回転目で転落するのか?」と思われるかもしれませんが、毎変動大当りの抽選を行う前に1/105の転落抽選を行っているため、十分ありえる話です(汗)


【ボーダー解析】

地獄少女弐スペック

ボーダーは18.8回転となり、甘デジとしては今後スタンダードになる回転率かなと思います。

1/69という甘甘デジということを考えると、このボーダーはちょっと甘い部類に入る気もします。

見極めラインは16.8~21.1回転、勝負するのであれば27回転欲しいところですね。

非等価になると、ボーダーは20回転以上となってくるので、注意が必要です。


【まとめ】

  • 待望の地獄少女弐の甘デジは、初当り1/69という甘いタイプ!
  • ゲーム性は特殊で、ST突破型&確変転落タイプ!
  • 連チャンモード突入で必ず電サポ100回となるため、連チャン性能は高そう!
  • 電サポが無くなっても転落していなければ、確変はずっと継続するので注意!