pVD4UUqZFhnqrXr1442234566_1442234584

豊丸『餃子の王将3凄盛2000(ライトミドル)』10/13の週に導入か!?

スポンサードリンク

やはりというか、シリーズ第3弾も、メガ盛7000の他に大盛5000、凄盛2000、おすすめ600というそれぞれ出玉の異なるスペックも用意されているとのこと。

今回は、凄盛2000に迫ってみたいと思います。

⇒餃子の王将3のゲーム性については、こちらをチェック!


【スペック解析】

2000スペック

凄盛は一般的な機種で言うと、ライトミドルのスペックに該当するようです。

初当りでのセット数は25、カウントは3、上下のアタッカーの賞球が変更となり、払出しは2025発の出玉が得られるようになりました。

他の大きな特徴としては、び込み口からの賞球』が挙げられます。

メガ盛、大盛のMAX系においては、飛び込み口に入っても、ヘソにたどり着けなければ賞球はありませんでした。

しかし凄盛では、左(主にノーマルルート)アウトと右(主にSPルート!?)アウトでそれぞれ賞球3と4のポケットが設けられているのです。

これにより、初当りまでの玉減りが軽減され、お財布に優しくなったのです!

ちなみに左アウトがメインになると考えられるため、左右のポケットに入る比率は9:1としています。

凄盛にも『おかわりチャンス』が搭載されていますが、初当り確率が1/13.8とさらに甘くなっているので、4回転で引き戻せる確率は約26%となっています。

約4回に1回2000発がまるまる上乗せされるので、かなり熱い展開になりそうですね。


【実戦シミュレーション『VS大海BLACK』】

最近あまりライトミドルは出ていないのですが、まだ人気のある大海BLACKと勝負をしてみたいと思います!

2000比較

大海BLACKは100%確変のSTタイプなのですが、それでも大海の方が一撃性能としては高いことが分かりました。

メガ盛と違い、2000発と少ないことと、ループ率が1/4という点が大きいのでしょうね。

お小遣い破産率も低いため、凄盛は安定して遊べるスペックであると言えます。


【ボーダー解析(期待値)】

メガ盛や大盛と同じ様に、飛び込み口に入った玉がヘソにたどり着くのは約1/13.5、つまり13~14回に1回ヘソの抽選を受けられるようです。

2000期待値

メガ盛や大盛と比べると、スペックとしては辛めであることがわかります。

ライトミドルの宿命と言えば宿命なのですが、長時間遊べる仕様になっているため、極端に辛くしないようにしてもらいたいものです。


【まとめ】

  • 餃子の王将シリーズ第3弾は、やっぱり一撃大量セット型だった!
  • 凄盛は一撃で約2000発GET!おかわりチャンスの期待度も更にアップ!
  • ボーダーはヘソに入る回数でなく、飛び込む玉の数にも注目!辛めなので注意!
  • 他にもメガ盛、大盛、おすすめがある模様!