a113211b-530x294

三共『機動戦士ガンダムーV作戦発動―(甘デジ)』11月2日の週、大地に立つ!

スポンサードリンク

奇抜なスペックでホールを圧巻したガンダムですが、ライトミドルの次はちゃっかり甘デジがスタンバイ!

ゲーム性はそのまま受け継いでおり、同じ感覚で打てるみたいですね。

今回のガンダムは3回セットタイプということですが、セットタイプとわからないように(スペックはすぐにバレるんですけどね(笑))電サポ回数や時短回数を巧みに使い分けて、『次回まで続くSTタイプ』のようなスペックに見せています。

そのため、電サポ回数や時短回数の設定が複雑になっており、なかなか詳細を把握するのに時間がかかってしまいました。

やっと完全版として解析が完了しましたので、早速見ていきましょう!


【スペック解析】

ガンダム甘スペック

初当り確率は1/78と甘い確率になっていますが、なんと高確率は1/77.7とほとんど確率アップしていません。

つまり、甘デジのガンダムにおいては、『次回まで継続OR時短引戻し』のゲーム性になっているということになりますね。

電サポ回数、時短回数は、ライトミドル同様、初当り時、潜伏時、連チャン中のそれぞれの状態によって入り乱れています。

特に初当り時と潜伏時が複雑なので、それぞれの状態について、電サポ回数と時短回数をまとめてみました。

↓『初当り時』

ガンダム甘振分け初当り

↓『潜伏時』

ガンダム甘振分け潜伏

それぞれの状態別で見た時、次回まで電サポ、電サポ70回となる大当りは、初当りの方が割合が高くなっています。

潜伏中の方が若干不利になっているということですね。

電サポ70回で1/77.7を引ける確率は、約59.6%とそこまで高くないため、結構潜伏してしまうケースが多発しそうです。

潜伏していたとしても、高確率は低確率とほとんど大当り確率が同じですし、電サポ回数がつく条件は初当りの方が良いため、潜伏中の旨味があまりありません。

ライトミドルでは、3セットと状態把握が簡単なこともあり、ハイエナばかりになってしまったため、ハイエナ対策を施されていると思います。

初当り、潜伏中からの連チャンモード突入率は約30%、継続率は約70%となります。

ちなみに3回リミッタ到達時は、次回まで電サポの大当りは全て70回時短に変化します。


【ボーダーライン(期待値)解析】

ガンダム甘期待値

ボーダーラインとしては、15.5回となりました。

甘デジのガンダムはライトミドル同様、ヘソの賞球は1個なので、特に甘い設計と言うわけでもありません。

見極めラインとしては14.2~16.9回、勝ちにいくのであれば20回転回る台を見つけたいところです。

今回は参考までに機械割を出してみましたが、20回転回れば、パチスロで言う設定6を掴んだのと同じイメージになりますね。

なかなかホールで見られないということにもなりますが…


【まとめ】

  • 甘デジのガンダムは、ライトミドルと同じ3回セットの特殊スペック!
  • 初当りと連チャン中の大当り確率がほぼ同じであるため、時短引戻しをするイメージ。
  • 電サポ回数の振分けは、初当りが若干有利。つまり、ハイエナ効果はかなり薄い!?
  • ボーダーラインはヘソ1個賞球としては、至って普通。甘くないので注意!