450x235xgaogaoking2_main.png.pagespeed.ic.6SPb-TQZ30

サミー『ガオガオキング2(甘デジ)』7月4日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

この間はガオガオキング2のライトミドルを紹介しましたが、甘デジも同時リリースのようなので、甘デジも解析を行いました!

前作同様、甘デジもライトミドルも特にゲーム性に違いはないようです。

それでは早速スペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

ガオガオキング2甘須ぺくk

初当り確率1/99、ST突入100%の安心スペックとなっています。

ライトミドル同様、ST後の時短が新たに付加されています。

ライトミドルでは時短50回ありましたが、確率が1/199のために引戻し率は約22.2%となりましたが、甘デジ1/99ですから、なんと引戻し率は約39.5%!

その代わり、ST50回の引戻し率は50%と低めに設定されています。

従って、電サポ50回のみでは引戻し率50%ですが、


電サポ100回での連チャンモード継続率は、約69.8%!

50%から70%にアップするので、電サポ100回の破壊力はなかなかのものです。

さらにライトミドル同様、電サポ100回となるのは15Rにしか可能性はないので、一撃性能にも期待できますね。

時短付の大当りは15Rのみ存在しますが、特図1、特図2での割合は、


  • 15R+電サポ100回(特図1):15%
  • 15R+電サポ100回(特図2):25%

やっぱり連チャンモード中の方が多くなっていますが、これは実はライトミドルと同じになっています。


【実戦シミュレーション『VSギンパラ4』】

今甘デジでかなり高い一撃性能で話題となっている、ギンパラ4と対決してみましょう!

ガオガオキング2甘比較

な…なんと!

ライトミドルに引続き、全体的にガオガオキング2の勝利じゃないですか!

やっぱり連チャン中の時短がキモになっていると思います。

『メリハリの弐重構造』により、ヘソ賞球4個にも関わらず、高い一撃性能を叩きつけてくれているようです。


【ボーダーライン期待値】

ガオガオキング2甘期待値

ボーダーは等価で18.3回、非等価で19~20回転と少し甘めになっているような気がします。

実はライトミドルよりも若干甘い設計になっており、これは珍しい現象と言えます。

甘デジの方が利益は取りにくいので、設計を辛くして利益回収性能を上げているのですが、なぜか甘デジの方が甘くなっているという珍現象です。

それだけ自信があるのかな?とも思いますが、今回もガオガオは良い感じで人気が出そうな気がしますね!


【まとめ】

  • ガオガオキングの続編は、続編にふさわしいゲーム性!
  • スペックを継承しながらも時短を付加した進化で、ライトミドル以上の効果あり!
  • 100%連チャンモード突入のST甘デジで、ヘソ3個賞球を圧倒!
  • ボーダーはなぜかライトミドルより甘めなので、攻めてみる価値あり十分!