サミー『ガメラ(甘デジ)』10月19日の週導入か!?

gamera

スポンサードリンク

今年の6月に導入された1種2種タイプのガメラですが、早くも甘デジでの導入が決まったようです。

ゲーム性は変わらずの1種2種タイプで、通常時からV入賞を狙えるチャンスも健在なので、甘デジでも熱い闘いになりそうですね。

それではスペック解析から見ていきましょう!


【スペック解析】

ガメラ甘スペック

しかしこれはあくまで図柄揃いであり、通常時からのV入賞率を合わせると、1/99となります。

通常時からのV入賞については、小当り確率が1/334.4となっており、そこからV入賞できるのは1/3となっているため、合算するとV入賞の大当りは1/1004となるわけですね。

図柄で大当りするより小当りの方が確率が辛いのは、何とも言えないところですが、そもそもの性能が異なるため、別物と捉えましょう。

また、図柄揃いからは連チャンモードに突入するのは46%と半分以下となっていますが、なんとV入賞すると100%連チャンモードに突入できます!

ただしV入賞からの大当りでは、出玉がありませんので注意が必要です。

連チャンモードは55%が16Rとなり、継続率も72%と出玉性能はかなり高そうです。

初当りの扱いが弱い分、連チャンモードに特化してるとも言えますね。


【実戦シミュレーション『VSサイボーグ009』】

現在甘デジの中でもトップクラスの人気を誇っているのが、サイボーグ009となります。

ずっと人気が衰えないので、今後もコアファンに愛されていくでしょう。

009も連チャン性能が高いタイプとなっているため、勝負してみたいと思います!

ガメラ甘比較

なんと…!

全てにおいてガメラの連チャン性能が上回る結果となりました。

初当りを犠牲にしての勝利と言えますね。

お小遣い破産率が009の半分近くになっているというのは、甘デジの顔をしたとんでもないスペックだということにもなりますが(笑)

30000万発GETは射程圏内に入れるのではないでしょうか!


【ボーダーライン(期待値)】

ガメラ甘期待d値

ボーダーラインは18.5回と甘デジとしても辛めの部類に入ります。

V入賞タイプはホールでも敬遠されがちなため、さらに辛く使われないかどうか不安なところはありますね。

見極めラインは17.3~19.9回、勝負するのであれば22.7回以上欲しいところです。


【まとめ】

  • 1種2種のガメラの甘デジがついに登場!
  • 甘デジでありながら、連チャン中の出玉性能は非常に高い!
  • ボーダーラインは辛めの設計であるため、注意が必要です!