m7Fkf2kgh5tNzxs1443281566_1443281613

サミー『キャプテンハーロック(ミドル)』12月14日導入か!?

スポンサードリンク

※2015/10/27 2400発大当りは2700発まで増やせることがわかったため、修正しました。

こんにちは。Shinomaeです。いつもご覧いただき、ありがとうございます。

キャプテンハーロックと言うと、以前三共さんから出ていたイメージがありますが、今回はサミーさんからの登場となりました。

かなりカッコいいCGを使っているということですが、どんなスペックに仕上がったのか、早速見ていきましょう!


【スペック解析】

299スペック

ミドルスペックということですが、初当りは1/259のV-STタイプです。

まず注目すべきは、初当りの内容です。

なんと初当りの確変割合は70%と破格なのですが、その代わりに非確変時の時短はなんと0回…

これは少し前に出た、大一さんの『モンキーパンチ漫画活動大写真』と同じです。

ここまで思い切ったことはあまり見ないのですが、非確変時に即ヤメせざるを得ないことを考えると、やっぱり時短の引戻しがあった方が夢見られるなぁとも思いますね。

いきなり確変図柄を撃ち抜く腕が、小生にはありません…

初当りが非確変の場合、8Rとなるため、純増にして約1000以上の出玉を獲得できるのは評価できる部分だと思いますけどね。

一方連チャン中ですが、高確率は1/86.7に対してST電サポ110回となっています。

連チャンモード継続率は約72%となっており、突入70%とあまり変わらないですね。

2400発大当りを搭載していますが、比率は53%と半分以上になっているので、いかにたくさん2400発大当りを引けるかが勝敗を左右することになりそうです。

4Rも30%と高い割合になっているので、4Rに偏ると厳しい展開が待ち受けています。


【実戦シミュレーション『VSダンバイン』】

同じ1/250前後のV-STタイプと言うと、実はあまりありません。

同じサミーさんのダンバインが丁度合致しましたので、勝負してみましょう!

299比較

一撃必殺のキャプテンハーロックと、連チャン重視のダンバインという、全くゲーム性が異なる両機の激突ですが、なんとほとんど同じ連チャン性能となりました。

ここまで似てくるのは珍しいくらいですね。

まだ初当り確率が1/250のため、あまり暴れないのかもしれません。

ここまで来ると、あとは好みの問題ということになります。

一撃出玉の安心感と、超高継続のイケイケ感、どちらにも面白さがありますね。


【ボーダーライン(期待値)解析】

キャプテンハーロックミドル期待値

ボーダーラインとしては、少し辛めの17.4回ですが、ダンバインは18.3回転となっているので、あまり気にしなくても良さそうですね。

見極めラインは16.1~18.7回転、勝負するのであれば21.7回転以上は欲しいところです。

非等価ボーダーとなると辛くなるので、注意が必要です。


【まとめ】

  • サミーのキャプテンハーロックは超美麗CG!
  • スペックはV-STだが、初当り確変割合が高い代わりに、時短は0回!
  • 一撃の連チャン性能はダンバインとほぼ同じであるため、一撃出玉が好きならハーロック!
  • ボーダーラインは1/250としては標準。21.7回転以上を探そう!