豊丸『豊丸とソフトオンデマンドの最新作(1/319)』1月9日ホールデビューか!?

変態(誉め言葉です)メーカーの代表格、豊丸さんが繰り出すのはソフトオンデマンドとのまさかのコラボ!

しかもスペックは、現行MAXの1/319、ライトミドルの1/169、そして甘デジの1/99の3つで、それを同時リリースするという挑戦!

去年甘デジの解析をお届けしたので、今回は1/319をご紹介!

⇒甘デジ1/99のスペックをチェック!

スポンサードリンク

top_intro


【スペック解析】

spec

初当り1/319の現行MAXですが、なんと甘デジ同様確変100%のSTタイプとなっています。

初当りは10R大当りがメインですが、なんと賞球15個、10カウントという最高ランクでの構成となっているため、純増1380個という十分すぎる出玉を獲得することができます。

100%連チャンモードに突入するわけですが、確変だけの継続率となるため、継続規制により連チャンモード継続率は65%ギリギリとなっております。

甘デジ同様、連チャン中は15Rと2Rの構成となっており、見事15Rを引くことが出来れば純増約2100個をゲットできます。

残りの3割は2Rとなりますが、こちらも甘デジ同様出玉無しの突確となっています。

連チャンモード中の突確については、甘デジの解析で詳細を解説していますので、興味のある方はご覧いただければと思います。

⇒連チャンモード中の突確がもたらすゲーム性を解説!

Sponsored Link


【爆発力勝負!VSエヴァ11&花の慶次X】

一撃性能に定評のある、エヴァ11と花の慶次Xと勝負してみましょう!

hikaku

100%確変のSTであるため、一撃性能としてはマイルドになっているわけですが、勝率や5000発GET率ではしっかりと勝っているので、差別化はできているように感じます。

これからは出玉性能ばかり求めるわけにはいかないので、いろいろなタイプのスペックが登場してくれれば良いなと思います。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいるため、今は27.5玉交換と28玉交換が主流となっています。

どちらのボーダーラインも対応していますので、早速見ていきましょう!


4円パチンコ

2754

2804

等価におけるボーダーラインは19.5回転となっています。

27.5玉交換だと20.8~21.5回転となっており、標準的な設計かなと思います。

一方28玉の場合は21.1~21.9回転と、あまり変わりませんね。

どちらも21回転を目安に立ち回ると良いかなと思います。


1円パチンコ

2751

2801

1円パチンコでは、200円単位となっていますので、4円パチンコよりも玉数は減ります。

よってボーダーラインは一見甘くなっているように感じますが、そんなことはないので注意しましょう。

等価だとボーダーラインは15.6回転となります。

27.5玉交換だと16.6~17.2回転、28玉交換だと16.9~17.5回転となります。

目安は17回転となりそうですね。


【まとめ】

  • 豊丸さんの新台はキセキのコラボ、ソフトオンデマンド!
  • 1/319スペックでも100%突入の安心スペックで遊びやすい!
  • 連チャン性能はあまり高くないが、安定感はある!
  • ゲーム性は甘デジも一緒です!

Sponsored Link