sengokukoihime

 藤商事『戦国恋姫(ミドル)』10月2日リリース決定か!

PCゲームの戦国恋姫が、超高継続タイプでパチンコへ大爆進です!

スポンサードリンク

超高継続とありますが、なんと継続65%規制はちゃんとクリアしているとのこと。

今回は情報がまだ不足していることもあり、まだスペックは解析中です。

しかし!65%規制の中、超高継続というのは見逃せませんので、解析の途中ですが情報をどんどん出していきたいと思います!


【超高継続の秘密】

65%継続規制というのは、確変や時短といった特殊な条件下での規制となります。

1種2種タイプは時短=連チャンですから、この場合は時短1回での継続率が65%以下ということになります。

ポイントとなるのは、V当り時の『時短1回+1回』です。

それでは超高継続の秘密を探ってみましょう!

小当り確率が1/1.551となっており、これに当選すればV確定となりますから、継続率は約64.5%となります。

もしここで小当りも大当りにも当選しなかったら、終了するのが普通です。

しかし、なんと戦国恋姫では、保留1個ストックしているため、時短が終了した後にもう1度継続抽選を受けられるのです!!

ここで行われる抽選は先ほどと同じで、小当り確率1/1.551となります。


ですから、時短終了後の継続率は約64.5%ということです。

つまり、連チャンが終了する契機は、2回発生する約64.5%に非当選だった時となります。


従って、連チャン継続率は、約87.4%!

ということになります。


【まだまだ謎が残る戦国恋姫の情報】

実はある程度は情報が揃ったものの、情報通りにスペック解析を行うと、なんとボーダーラインが1000円あたり約39回となってしまい、どうも怪しいです。

しかし超高継続のシステムはほぼ間違いがないとのことなので、怪しいのはヘソ賞球や、大当りの出玉関連なのでは?と思っています。

確かに超高継続ではありますが、ほとんどが1回の大当りで純増300発、600発しか増えないというのは、ちょっと少ないのでは…と思いますしね。

リリースは10月なので、もう少しで情報は入ってくるかと思います。

情報が入り次第、スペック解析をやり直していきますので、もうしばらくお待ちくださいませ!


【追記(スペック解析)】

新たな情報が入りました!

どうやらヘソの賞球は5個のようですね。

他の詳細データも手に入りましたので、解析を改めて行いました!

spec

やはりポイントになるのは連チャン中の時短1回+1回ですね。


継続率は約87.4%となります。

ちなみに、初当りから連チャンモードに突入すると時短が100回となるため、2連チャンは確定します。

1回の大当り出玉が抑えられている分だけ、連チャンに期待できるといった感じです!


【実戦シミュレーション『VS逆転裁判』】

なかなかミドルタイプはリリースされていないので、小当りRUSHで出玉性能が高い逆転裁判と勝負してみましょう!

hikaku

結果的には少し連チャン性能が劣っているという感じですね。

要因としてはヘソ賞球が5個であるために、連チャン性能が劣ってしまっているわけですが、実はこれには深い理由があるのです…

単純にヘソ賞球を4個に減らし、連チャン性能を上げれば良い!と思ってしまうのですが、実は1種2種タイプには、


『初当りから連チャンが終わるまで、平均獲得出玉は6400個未満』

という鉄の掟があるのです…!!

初代牙狼の爆裂スペックにより、1種2種タイプは制限を受けてしまっているのです。

戦国恋姫の場合、平均獲得出玉はすでに6200個程度あるので、これ以上は厳しいということですね。


【ボーダーライン(期待値)】

kitaichi

ボーダーラインは、等価で22.3回転、非等価で23~25回転となりました。

ちょっと辛い設計になっていますが、たくさん回して欲しいという意図があるのでしょうね。

萌え系パチンコはどうしても辛く扱われる傾向があるので、ちゃんと回して欲しいものです。


【まとめ】

  • ついに戦国恋姫のスペック概要が明らかに!
  • 高継続の秘密は、小当りによる2つの65%抽選だった!
  • ボーダーは少し辛いものの、ちゃんと回してもらえれば勝負可能!
  • イマイチ連チャン性能が低いのは、初代牙狼の爪痕でした…