feature-img01
出典:平和公式ページ

スポンサードリンク


 

平和の代表機種「黄門ちゃま」の最新作が登場!

今回の黄門ちゃまでは「ゴチ装置」という大当りの出玉をアップさせる機能を搭載しています。

右打ちした際に、アタッカーへ繋がるルートとゴチポケット(その他賞球)へ入るルートが交互になるため、大当り中にゴチポケットが入るので、出玉がアップするのです。

これによって、純増約2200個(賞球だけだと2400個)だったのが、純増約2500個(賞球だけだと2700個)までアップ!

ゴチ装置を使ってどんなスペックになっているのか、早速見てみましょう!


【スペック】

黄門ちゃまスペック表


今回の黄門ちゃまは何とV-STのミドルタイプです。

2700個ボーナスを積んでいながら、なぜミドルタイプ?と思ってしまいますが、これにはちょっとしたカラクリがあります。

初当りからSTに突入できるのは51%と低いわけですが、時短もほとんど20回が選択されることから、十分な成果は期待できません。

ミドルタイプと言えど、引き戻すためにはある程度の時短回数は必要ですね。

今回は25回、50回、100回とありますが、それぞれの引き戻し率は以下の通りです。


  • 時短 25回: 8.0%
  • 時短 50回:15.4%
  • 時短100回:28.4%

トータルでのST突入率は約56%となり、初当り1/299も加味すると、連チャン突入率は約1/550とMAXタイプを凌駕します。

よって、ミドルタイプの顔をした、MAXタイプってことですね。

軽い気持ちで打つとケガしてしまいますよ!

では続いて、実戦シミュレーションを見てみましょう!

黄門ちゃま実戦シミュレーション


万発達成に必要なのは2700個大当りのヒキ次第!なんだけど…

9時間実戦では万発達成率が、50%を上回るほどの爆発力を秘めています。

しかし、万発達成率にはやはり2700個大当りをたくさん引く必要があります。

連チャン中の2700個大当り割合は50%なので、まさにコインの裏表。

パチンコにおける50%は悪い方向に偏りやすいもんなぁ…

悪い大当りだとたったの3Rということを考えると、余計にイヤなプレッシャーがかかりますね。

とはいえ、2700個大当りを1回引けるだけでも展開が変わってくるので、3Rでも我慢して2700個大当りを待ちたいところです。

【お知らせ】

今まで行ってきたパチンコ解析について、機種一覧のページが完成しました!

話題の新機種を取り揃えていきますので、チェックして頂ければと思います。

こちらです(ページ上部のバナー「パチンコ解析機種一覧」をクリックしてもOK!)