image

 SanseiR&D『ジューシーハニー(甘デジ)』は遊びやすくなった!

スポンサードリンク

ジューシーハニーと言えば、昨年末に1/249で登場していますが、あの時はV確変タイプとなっており、初回からは約60%で連チャンモードに突入するタイプでした。

甘デジでも基本的なゲーム性は変わらないだろうと思っていたら、なんと甘デジでは確変100%突入になっているとのこと!

さっそくスペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

ジューシーハニー甘スペック

確変100%突入になったことにより、遊びやすい仕様にはなりましたが、初当りでは50%が電サポ14回となっており、1/35を14回で引かなければいけない厳しい状況となります。

残りの50%では電サポ14回の後に時短82回がつくため、連チャン率が高くなります。

ST14回での引き戻し率は約33%、時短82回も含めると約69%まで上昇し、約2倍になります。

連チャン中は時短82回は必ずついてくるし、大当りラウンド振分けも優遇(16Rがなんと25%!)されるため、初当りの50%がとにかく大事になりそうですね。


【実戦シミュレーション『ジューシーハニー VS クイーンⅡ』】

今回のジューシーハニーは確変100突入のSTであるため、クイーンⅡと比較してみることにしました!

ジューシーハニー比較

連チャン中の性能が高くなっているため、全体的にクイーンⅡを圧倒してくれました。

5000発以上GET率では安定感がウリのクイーンⅡに軍配が上がるものの、10000発以上となると、連チャン中の継続率、出玉が上昇するジューシーハニーが圧倒的に有利になります。

初期確率は1/109と甘デジの中では重くなってはいますが、その見返りはしっかりとできているみたいですね。


【ボーダーライン(期待値)】

ジューシーハニー甘

ボーダーラインとしては、甘デジとしてはやや甘めの17.2回となりました。

見極めラインはだいたい16~19回転、勝負するなら22回転以上は欲しいところです。

ボーダーラインがやや甘めになっているのは、初期確率が少し重いのが影響しているのかもしれません。

あとは初当りの50%でST14回分しか電サポがつかないため、突入率の低さを懸念したのかもしれませんね。


【まとめ】

  • 甘デジのジューシーハニーは確変突入100%の安心スペックに大変身!
  • ただし!初当りの50%ではST分の電サポ14回しかつかないので注意!
  • 連チャン中は必ず時短82回付加+16R比率25%で一撃性能は十分!
  • ボーダーラインはやや甘めなので、積極的に狙ってみるのもアリ!

【勝てる甘デジ一覧表完成!】

甘デジだけを集めたボーダーライン一覧表が完成!

ホールのメインとなっている甘デジで勝利を目指せ!

勝てる甘デジ一覧表はこちら!


【甘デジランキングはこれだけじゃない!甘デジを制覇せよ!】

甘デジランキングは、2016年リリースの機種からほぼ全ての機種に対応しています。

甘デジはホールに設置されている期間が長いので、今からでも遅くありません!

全ての甘デジランキングの歴代まとめ一覧を作成したので、一度チェックしてみてくださいね。

⇒【パチンコ勝てる甘デジ】歴代おすすめランキングまとめ一覧!2016年からの甘デジはおまかせ!