logo

【10月を以て、ついにタイヨーエレックが無くなってしまう…】

スポンサードリンク

業界に激震が走ったタイヨーエレックさんの倒産問題ですが、先日セガサミーさんより、タイヨーエレックさんの希望退職が200名となる予定と発表があったようです。

希望退職といっても、好きで辞めてるのでは決して無く、希望退職の手続きを取った方が退職金がしっかりともらえるから…という後ろ向きな退職です。

会社自体が無くなってしまうわけですから、それはもう仕方のないことと理解しているわけですが、それでもペルソナ4やビッグドリームといった、エレックさんの魂を感じる機種を打っていると、なかなか腑に落ちないところがあります。


【最後にタイヨーエレックが咲かせた花はビッグドリーム!】

『あの超高速連チャンがあるから止められない』と中毒者(良い意味で)が続出しているビッグドリームは、誰が作ったってエレックさんです。

もともとエレックさんは7セグやドットに定評のあるメーカーで、ぱっと見シンプルなスペックに見えて、とんでもない連チャンを見せてくれました。

連チャンが早すぎるために、MAXタイプだけでなくミドルタイプでも10万発とか余裕で超えてしまい、今回の規制が強まった一因になったと噂されています(笑)

業界としては、「最後になんて地雷を仕掛けたんだ!」と怒っている人(特にメーカーさん)も多いでしょうが、逆に言えば『おいおい、いつまで金太郎飴みたいな台ばかり作ってるんだ!?』というエレックさんの無言のメッセージとも言えると小生は思ってしまうのです。

まあ結果的に以前よりもっと金太郎飴な機種が増えそうなんですが(笑)


【今後の展望は】

実はタイヨーエレックさんはパチスロの開発も手掛けており、今後「龍が如く」や「金と銀2」が導入されていくかと思います。

とは言っても実質的にはセガサミーさんが取りまとめていくはずですから、これからはエレックさんの名前も聞かなくなってしまうのではないかと思います。

パチンコの設置期限は3年と定められているわけですが、ホールが再度申請を行えば、延長することも可能な様です。

今年はエレックさん以外にも、奥村さんの倒産がありました。マルホンさんは民事再生から立ち上がりつつありますが、2社については今後新台がリリースされることはないでしょう。

ホールにおいては、ロングセラーになりそうな機種だけでも良いので、1パチのバラエティでも構わないのでファンのために残していって欲しいなと思います。

小生としては、ブラックラグーン2の2400発搭載甘デジを残していって欲しいです!

⇒ブラックラグーン2甘デジについてのスペック解析はこちら!