IMG_4026

【牙狼の連チャン性能は?】

スポンサードリンク

牙狼はもうお馴染みのMAXタイプのV-STとなっていますが、連チャン継続率は約77%となっています。

どれくらい連チャンするのか、解析していきましょう!

⇒『牙狼魔戒の花』のスペック解析はこちら!

牙狼連荘

牙狼はV-STになってからというもの、ずっと継続率77%を頑なに守っています。

というか、連チャン中全て2000発大当りにしようとすると、ここまでしか上げられないというのもあるのでしょうが…

10連以上する割合は約7%となっており、およそ14回に1回しか発生しません。

20連以上の割合は1%未満とほぼ大連チャンはしないようなイメージです。

牙狼の連チャンは大したことないのに、やたらすごい爆発力があるという感覚がありますが、主な理由としては2つあります。

1つ目は『導入台数が圧倒的に多いこと』が挙げられます。

確かに大連チャンする確率は低いですが、試行回数に直結する導入台数が多ければ、大連チャンする回数は多くなります。

2つ目は『連チャン中の大当りが全て2000発』が挙げられます。

ショボ連で終わってしまっても、ある程度固まった出玉が得られるのが大きいかなと思います。

5連しかしなかった場合、もうちょっと連荘してくれればなぁと思うわけですが、実は払出しだけで1万発に到達する計算になっているのです。

以上の2点により、牙狼の爆発力がすごい!という認識が広がっているわけですね。

ちなみに最高連チャンは25連でした・・・全国のホールだと、もっと出そうですね!


【牙狼のハマリ性能は?】

MAXのV-STということもあり、相当なハマリを覚悟する必要があります。

今回の牙狼は初当りの確変割合が少しアップして53%となっているため、連チャンモード突入率は約63%となっています。

牙狼ハマリ

初当りまでは1/399のMAXタイプですから、ある程度のハマリは仕方ありません。

それでも1000回転ハマりの頻度は10%を切っているので、意外にハマらないということがわかります。

こえはMAXタイプであれば、どれも同じことが言えます。

一方、ST突入までとなると、約1/686(686回転回す必要がある)ということになります。

非確変時の時短も含んでいますが、相当回さないといけません。

1000回転ハマりも20%以上の頻度で発生しますし、なんと2000回転ハマりが5%を超えています。

おそらく牙狼がV-STの中では一番ハマりやすいのではないかと思います。

他のV-STは、牙狼よりも連チャンモード突入率を高くしようと頑張っている感がありますからね。

しかも牙狼はかなりの導入数になっているので、大連チャンする回数が多いのと同じように、大ハマリする回数も多くなってしまうのです。

牙狼のシマを見ると、天国と地獄が同居しているような光景を良く見るのは、このせいだと思われます。

どちらに転んでもおかしくないのが恐ろしいところであるので、特に牙狼を打つ際は注意が必要です。


【牙狼魔戒ノ花で勝率を上げるためには・・・?】

牙狼魔戒ノ花は1/399ということもあり、なかなか荒いスペックです。

しかも設計が甘いこともあり、なかなか回る台を探すのも一苦労です。

そんな中、勝率を上げるためには、『勝ち逃げ成功率』を意識することが重要です。

牙狼魔戒ノ花と『勝ち逃げ成功率』をまとめてみました!

⇒牙狼魔戒ノ花の勝率を上げる!『勝ち逃げ成功率』を徹底解析!


牙狼、新時代へ!

新MAXとなる牙狼の新台が発表されました!

継続率は下がっているものの、ゲーム性は牙狼そのものとなっています。

⇒『牙狼闇を照らす者』のスペック詳細判明!