8ada61dc-s

【新作ルパン三世のボーダーは勝ちやすい!?】

スポンサードリンク

1/399の頃のルパンは、ボーダーは結構甘めなスペック設計となっていましたが、その流れは少なからず続いているようです。

あまり極端なことは難しいようですが、蒼天が上手く行った例となった以上、たくさん導入されるような機種においては、有効になるような気がします。

今年中に1/399は無くなることを考えると、1/319が正真正銘のMAXであることをしっかりと示す必要がありそうです。

それでは4円パチンコからボーダーライン&期待値を見ていきましょう!


【4円パチンコ】

全国で広がる非等価の流れにしっかり対応するために、北海道・東北エリア・東京・関西エリアを中心とする『27.5玉交換』と、中部エリア・中四国エリア・九州エリアを中心とする『28玉交換』を網羅しています。

それでは早速見ていきましょう!

2754

等価におけるボーダーラインは19.5回転となっており、ヘソの賞球4個であることを考えると、少し甘めな設計かなと思います。

かなり甘いと言われている蒼天は等価ボーダーが17.8回転ですから、それと比べると回転数は多くなっています。

まず27.5玉の場合ですが、ボーダーラインは20.7~21.4回転となっており、21回転が一つの目安となりそうです。

+10000円となるとおよそ23回転必要となるため、ボーダーの+2回転を意識していきたいところです。

2804

一方28玉の場合は、ボーダーラインは21.0~21.8回転となり、21~22回転が目安となります。

+10000円ラインは23~24回転なので、27.5玉交換を比較すると全体的に1回転プラスといったイメージですね。


【1円パチンコ】

ほとんどのホールが導入している1パチですが、単位は1000円ではなく200円となっています。

4パチの1000円単位の場合は250玉、1パチの200円単位の場合は200玉と、1回貸出ボタンを押した時の玉数がそもそも異なるので注意が必要です。

従って回転数は少なくなっていますが、これはあくまで玉数が50玉少なくなっていることに起因しますので、回らなくても良いということではありません。

2751

2801

等価のボーダーラインは15.6回転となっており、27.5玉交換の場合は16.6~17.1回転、28玉交換の場合は16.8~17.4回転となります。

1パチの場合は27.5玉も28玉もそこまで回転数に差はありませんね。

⇒⇒【パチンコ】『ルパン三世Lupin The End(1/319ver)』新台スペック情報解析!の続きに戻る