オッケー『アベンジャーズ(1/99&1/196)』6/4リリース!

1/319をリリースしたのが2016年3月ですから、今回の甘デジとライトミドルにおいては、およそ1年経ってからのリリースとなりました。

あまりアベンジャーズの思い出もないのですが、とりあえずハルクが熱かったという記憶しかありません…

しかし一気に甘デジとライトミドルをリリースしてきたからには、オッケーとしての策力があるはず!

早速スペックを見ていきましょう!

スポンサードリンク

aven


【スペック解析(1/99)】

無題

1/99の甘デジとなっていますが、100%確変の安心STスペックとなっています。

初当りでは99%が6Rで電サポ50回(STも50回)となっており、引戻し率は約54%となります。

6Rでも出玉が純増約300個しかないので、何とか連チャンさせないとキツいイメージとなりそうです。

連チャンモードに突入すると、15Rと6Rの比率は一気に50%となり、さらに15Rでは電サポが90回にアップするため連チャン率も高まります。

電サポ90回の場合、ST50回+時短40回という構成になるわけですが、ST50回での引戻し率は約54%、時短40回での引戻し率は約33%であるため、合算すると約69.3%となります。

15Rと6Rの比率は50%ずつですから、

連チャンモード継続率は、約61.7%


【スペック解析(1/196)】

無題

ライトミドルスペックとなりますが、ゲーム性としては甘デジと全然違います!

初当りは5R固定となりますが、100%非確変となります。

時短100回が必ず付加されますので、自力で連チャンモードを手繰り寄せる必要があります。

どうして初当りが1/196と中途半端なのか疑問でしたが、時短100回の引戻し率を見て納得しました。

ギリギリ引戻し率40%になるんですね(笑)

連チャンモードに突入すると、100%確変となって継続率ギリギリの65%となります。

とは言ってもST200回という鬼のような長さとなり、初当りの時短回数の2倍となります。

どうしてこんなスペックになったのか謎ですが、連チャン中全て16Rというスペックを実現させたかったのでしょうか…?

16Rは純増で約1600個もありますから、アリと言えばアリなんですけどね。

Sponsored Link


【実戦シミュレーション(1/99)『VSロボゲイシャ、閃乱カグラ』】

それでは同じ6/4に導入される甘デジと勝負してみましょうか!

hikaku

なかなかの接戦ですが、勝率ではアベンジャーズ、5000発比率ではロボゲイシャ、10000発以上のゲット率では閃乱カグラがトップとなりましたね。

アベンジャーズは100%突入のスペックタイプとなるため、一番爆発力は抑えられちゃっていますが、これは致し方ないところです。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!

『4円パチンコ(1/99)』

2754 2804

『1円パチンコ(1/99)』

2751

2801

『4円パチンコ(1/196)』

2754

2804

『1円パチンコ(1/196)』

2751

2801


【まとめ】

  • オッケーから久々のアベンジャーズが甘デジとライトミドルで凱旋!
  • 甘デジとライトミドルではゲーム性が異なるので注意です!
  • ボーダーラインは甘デジもライトミドルも標準レベルかなと思います。
Sponsored Link