警報図柄

【潜伏確変は全然引かないのに、小当りが多すぎる件】

スポンサードリンク

エヴァ10の導入が始まって結構経ちますが、まだまだ人気が衰えませんね。

牙狼の導入もあったものの、意外にまだ持ちこたえている現状です。

初の突通付きのバトルスペックということもあり、MAXタイプファンには刺さったみたいです。

しかし!よく聞く不満の1つとして、『小当り引きすぎ』というものがあります。

小生もよく引くんですよね、小当り…

というわけで、今回は小当りと潜伏確変について、ちょっとリサーチしてみました。


【気になる小当り確率は…『じゃあ大当り引けよ!』】

驚くべきことに、小当り確率は1/394.8(ヘソのみ)です。

…あれ、これってまさか…

大当り確率も1/394.8でございます(汗)

なんということでしょうか…大当りは全然引けないのに、小当りばかり引いてしまう現実が、そこにはあります。

ちなみに潜伏確変は比率10%となっているので、潜伏確変の出現率は1/3948ということですね。

アタッカーがパカパカしてモード移行した時、潜伏する期待度は1/11、つまり約9%ということです。

潜伏確変がなかなか引けないのは確率から見てもわかりますが、大当りそのものが引けないのはなんか納得いきませんよね。

だって大当りより先に小当りを引くのがほとんどですから(経験談)


【小当り発生の契機は『警報図柄』でも小当りや潜伏だけじゃない!】

今更言うことでもないですが、小当りは『警報図柄』を契機にしています。

歴代のエヴァでは、警報ってなっただけで使徒登場予告とか、SPリーチの発展契機になったりとかしたものですが、安くなりましたね、本当に…

(初代はミッションモード突入が一番出現としては高かったような気もしますが)

エヴァ10では、擬似2とかロングリーチとか、やたら警報図柄で煽ったりしてくるのでわかりやすいです。

ほとんどが小当りとなる警報図柄ですが、なんとロンギヌスの槍役モノが動いたら、機動チャレンジボーナスという出玉あり大当りに発展します。

大当り中の展開により、非確変の可能性もありますが、警報図柄は小当り確定ではない(潜伏もありますけど)ので、まだ望みはあります!

小生はまだ小当りの経験しかありませんが、きっとまだ打ち足りないのでしょうね…