RAVE007

藤商事『RAVE-この世界こそ真実だ』11/2の週に導入決定か!?

スポンサードリンク

いよいよ11月の新機種からは、2015MAX規制が対応となります。

⇒2015MAX規制の詳細については、こちら!

MAXタイプは1/319までとなり、出玉の最低保障が必須となりました。

そんな中、ついにMAX規制対応の第1弾が藤商事さんからリリースされるとのこと!

11/2の週は11月の第1週ですからね…この週が最速のタイミングとなります。

通例だと、1発目は三共さんや三洋さんが多いのですが、まだ温存してるのでしょうか…

それでは第1弾がどんなスペックなのか、見ていきましょう!


【スペック解析】

RAVEスペック

MAX規制対応第1弾はV-STとなりました。

V-STといっても当然1/399ではなく、1/319となっています。

STタイプは連チャン中、次回大当りの保障がないため、初当りで600個以上(初当り確率1/259以下)の出玉が必要となります。

初回の確変割合は55%ですが、時短の引戻しを含めると、約67.1%となりました。

連チャン中になると、継続率が約75.1%とアップ率は低めですが、大当りは全て2000発となります。

なんか1/319でも爆発力は十分出せそうですね…いろいろと杞憂だったみたいです。


【実戦シミュレーション『VSナデシコ』】

まだ1/319という確率はあまりホールにありませんので、ここは同じV-STの旧ミドルタイプ(旧とか付けると昔みたいですね…)のナデシコと勝負してみましょう!

RAVE比較

途中まではナデシコが有利でしたが、爆発力としてはRAVEが勝ることとなりました。

初当り確率が辛い分だけ、当然連チャン性能が高くなるわけですが、やはり1/319でも高い一撃性能は出せそうですね。


【ボーダーライン(期待値)】

RAVE期待値

ボーダーラインは17.1回と旧ミドルタイプと比較してもこんなもんかなと思います。

特に辛く設定しているわけではなさそうです。

見極めラインは15.8~18.5回転、勝負する目安は21.7回転となります。


【まとめ】

  • 2015MAX対応第1弾は、藤商事のRAVE!
  • V-STタイプなので、スペックに特に違和感なし!
  • 初当り確率は辛くなったものの、一撃性能に申し分なし!
  • 11/2の週は他社からも発表があると思うけど…今後の動向に注目です!