三洋『シルバーダイヤモンド(1/89&1/239)』5/21リリース!

三洋さんって忘れたころにオリジナルコンテンツをリリースするイメージがありますが、今回も完全に不意打ちを食らったようなタイミングですね。

はじめ三共さんかと思いましたが、三洋さんでちょっと驚いております…

海シリーズのような正統派のイメージはなく、いろんな意味で攻めてるみたいで面白そうです。

早速スペックから見ていきましょう!

スポンサードリンク

シルバーダイヤモンド-パチンコ攻略


【1/89スペック解析】

無題

ではまず1/89からいきましょう!

初当り確率は1/89と甘デジの中でも少し甘めとなっています。

初当りは全て出玉ありとなっていますので、体感の大当り確率も1/89となりますね。

一応100%確変のSTなのですが、初当りの99%は電サポは40回転で終わってしまいます。

それに高確率も初当り確率とほぼ同じとなっていて、時短で引き戻すようなイメージとなってるんですよね。

ちなみに電サポ40回転で引き戻せる確率は約36.1%なので、たった1%の電サポ90回となる16Rと合わせると、

連チャンモード突入率は、約36.8%!

また、本機はアタッカーが左右についていて、初当りだと左アタッカーの消化もあります。

左アタッカーの方が賞球もカウントも少なくなっていますので、右アタッカーの方が断然有利です。

連チャンモード中は、全てが電サポ90回転となります。

16Rの比率が50%までアップしますので、連チャンモードに上げてからが勝負!ということになりますね。

連チャンモード中の大当りは全て右アタッカーの消化となりますので、右打ちをずっと継続できることになります。

連チャンモード継続率は、約63.6%となっています。


【1/89ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは21.4回転となります。

甘デジで見ると平均~やや甘い部類に入りますね。

27.5玉で22.9~23.6回転、28玉で23.2~24.0回転となります。

目安としては23~24回転となりますね。


『1円パチンコ』

2751

2801

等価だとボーダーラインは17.1回転となります。

27.5玉で18.3~18.9回転、28玉で18.6~19.2回転となります。

18~19回転が目安となりそうです。

Sponsored Link


【1/239スペック解析】

無題

では今度は1/239verのスペックを見ていきましょう!

スペックのゲーム性としては、甘デジと特に変わりありません。

変わっているところがあるとすれば、左右のアタッカーの賞球とカウントが同じになっていて、あまり左右で差がなくなっているところです。

初当りはST120回に対して、99%で電サポ50回しか得られません。

高確率は甘デジと違って2倍程度甘くなっていますが、それでも高確率1/115を50回転で引くのは至難の業です。

50回転で引き戻せる確率は約35.1%となっており、1%の16Rと合算させると、

連チャンモード突入率は、約35.8%!

連チャンモードに突入すると、なんと75%が16Rとなり2400発の出玉が得られます。

連チャンモード継続率は、継続率規制ギリギリの約64.6%となっていますから、16Rをどれだけ引けるかが勝負のカギを握っています。


【1/239ボーダーライン(期待値)】

1/89につづいて、1/239のボーダーを見ていきましょう!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは20.8回転となります。

甘デジよりも少し甘くなっていますね。

27.5玉で22.2~22.9回転、28玉で22.5~23.3回転となります。

目安としては22~23回転となりますね。


『1円パチンコ』

2751

2801

等価だとボーダーラインは16.6回転となります。

27.5玉で17.8~18.3回転、28玉で18.0~18.6回転となります。

18~19回転が目安となりそうです。


【まとめ】

  • 三洋のオリジナルコンテンツ、シルバーダイヤモンドが登場!
  • 100%確変のSTだが、初当りはほとんど潜伏状態に入ってしまう!
  • 1/89と1/239の2スペック同時リリース!
  • ボーダーは至って標準的なレベルと思われます!

Sponsored Link