提供:三洋オフィシャルチャンネル様


三洋『スーパー海物語in沖縄4(1/319ver)』10月2日リリース決定!

スポンサードリンク

ついに判明した沖縄4のスペック!伝統と王道の安心確変ループでした!

連チャン中は突確を減らすなど、今までのスペックとあまり変化がなくて安心しましたね。

それではスペック詳細チェックしていきましょう!


【スペック解析】

spec

1/319の現行MAXとなりますが、やっぱり海で1/319と考えると、あまりMAXという印象はありませんね。

寧ろいつも通りのミドルタイプというイメージの方が強いです。

それもそのはずで、特に連チャンに特化しているわけでもなく、いつもの安心スペックだからでしょう。

初当りも連チャン中も変わらず確変割合60%、そして非確変には時短100回が付加されます。

最近はどんな機種でも時短100回付加されるようになってきましたが、やっぱり元祖時短100回と言えば海シリーズでしょうね。

ただ初当りには突確が20%あり、図柄揃い時の確変割合は50%となります。

しかし連チャン中になると突確は8%となり、出玉あり確変の割合がアップするため、図柄揃い時の確変割合は約56.5%までアップします。


連チャンモード継続率は、約70.8%!

新枠は高確率が1/37.9、旧枠は1/35.9となっており、少しだけスペックが異なります。

しかし確変ループタイプであるため、特に高確率が多少違ったところで変化はありません。

もしSTだったら連チャン率に直結するため、問題が出てくるんですけどね。


【ボーダーライン(期待値)】

kitaichi

ボーダーラインは等価では18.7回転、非等価では20~21回転となっており、やっぱり海シリーズということもあって甘い設計になっています。

いつも海シリーズは新台だと出玉率100%を超えているので、ホールもかなり大事に使ってくれているようです。


【まとめ】

  • 伝統の沖縄4は、やっぱり安心の確変ループタイプだった!
  • スペックは連チャン中になると突確が減少する優しい設計!
  • ボーダーラインはやっぱり甘いので、新台狙いは十分効果ありそうです!