2016年後半夏秋の陣として、7~9月にリリースされた機種におけるおすすめランキング(勝率部門)となります。

今回の勝率については、投資は甘デジ平均投資である10000円とし、無くなったら終了、最大で9時間実戦という形となります。

なお回転数については、公平にするために4円パチンコの27.5玉交換でのボーダーライン回転数としています。

それでは早速見てみましょう!

スポンサードリンク


これが勝率部門の全貌だ!

%e5%8b%9d%e7%8e%87%e5%85%a8%e8%b2%8c

勝率と言うのは、言い換えれば『負けない確率』であり、スペックが安定していれば安定しているほど高くなるのが一般的です。

一撃性能とは逆の考え方ということになりますね。

しかし1位の逆転裁判は安定感も爆発力も持っている不思議なスペックであり、これからの甘デジに小当りRUSHの可能性を見出してくれたのは言う間でもありません。

逆転裁判を除けば、比較的ループタイプの方が上位に食い込んでいることから、ループタイプは勝率重視、V―STタイプは爆発力重視と言えます。

過去を見てみても、甘デジではあまり一撃性能は重視されない傾向があり、至って普通の確変ループであっても人気が持続することが良くあります。

一撃性能が低くても、すぐに初当りを引ける安心感が甘デジのメリットであり、そのメリットを活かしているのが確変ループタイプと言えるのでしょうね。


やっぱりヘソ賞球には依存していない

ヘソ賞球が高くなると安定感が増すイメージがあるのですが、ランキングを見ると顕著な傾向が出ていないことが分かります。

ヘソ3個賞球は逆転裁判を除けば下位に集まってはいますが、最下位を争うような順位ではありませんし、そこまで影響していないんだろうなというのが正直な感想です。

今後はヘソ5個賞球はもっと出てくるかと思いますので、ランキングにどのような影響を及ぼしてくるのか見物ですね。


初当り確率が辛くなると、当然勝率は下がる

当り前のことと思うかもしれませんが、えとたまを見てわかる通り、初当り確率が辛くなると勝率が下がります。

特に今回は投資金額が10000円という縛りがあるため、この現象が起こります。

つまり、10000円の投資では、そもそも初当りが引けずに終わってしまう可能性が高いのです。

パチンコの基本は、投資が先で見返りが後になります。

投資が無限であれば、必ずいつか見返りを受けることができますが、投資に上限があると見返りをもらえずに終わってしまうケースが出てくるのです。

投資金額は自分が決めるものですが、勝率を高めていくためには投資のことも考えなくてはいけないのです。

⇒2016後半夏秋の陣ランキングへ

Sponsored Link