spotmap

【非等価の勢いは九州で猛威をふるう!愛知の影響も発生!】

スポンサードリンク

⇒現在の全国版パチンコ非等価早見表をチェック!

東京、大阪、愛知と立て続けに発生している非等価の流れですが、今年の2月に福岡でも実施が決定しました。

予想通りというか、やはりというか、福岡に追従する都道府県が続々と登場しています!

九州においては、既に宮崎県が非等価になっていた(去年の7月らしいです)のですが、それに福岡県がならったという構図になりました。

そして今度は福岡を中心として、佐賀県、長崎県が同じ2月に同じ27.5玉交換(3.64円)にすることになったようです。

さらに!宮崎県の下にある鹿児島県においても、非等価を実施することが決まっているらしく、開始は今年の4月が濃厚とのこと。

しかしまだ交換率は検討中ということなので、まだどうなるかはわかりません。

九州は今のところ、非等価の都道府県は27.5玉(3.64円)交換となっているので、多分その流れになるような気がしますが。

春までに九州では非等価革命が巻き起こりそうですが、一方で愛知県の非等価の影響を受けた都道府県もあります。

それは、岐阜県です!

岐阜県はマイナーな県に感じますが、日本の真ん中に位置しており、あの有名な関ヶ原の戦いが行われた県です。

なんでも岐阜という名前は織田信長がつけたとの説もあり、由緒正しい県とも言えますね。

岐阜県は愛知県に面しているため、愛知県の非等価の流れを受けたとの流れが強いです。

既に隣接している長野県や静岡県、富山県などは非等価が実施されているため、やっとだね、という見方もできそうですが・・・


【どうなるこれからの非等価の動き!】

これからの非等価を考えると言っても、もうすでに主要都市は非等価になってますからね。

地域でいうと、あとは関東地方、中国地方、四国地方が比較的等価が強い地域となっています。

大阪が発した非等価の流れですが、ここ1・2年で急速に進んでいる非等価。

このままいくと、あと1年で日本はほぼ非等価になりそうな勢いです。

⇒現在の全国版パチンコ非等価早見表をチェック!