20121218162559

【所有権と残債の有無の確認が義務に・・・】

スポンサードリンク

ほとんどの中古機は、ホールから中古機を扱う専門の業者に渡り、そこから他のホールが買い取るようなシステムになっています。

メーカーはあくまで新台しか扱わない(甘デジなどの追加リリースの値段を安くするために買い取ることはあるようです)ため、専門の業者がいるわけですね。

最近はホールもお金がないため、現金をドドンと一括で払うことも難しく、中古においてはいろいろな支払方法があるようです。

メーカーとやり取りをする新台においては、ドドンと支払わないといけないみたいですが、新台においても同じような問題がありそうですね…


【最近中古の値段がやたら跳ね上がっていますが…】

少し前から、パチスロを中心に中古機の価格が上がっていますが、最近ではパチンコでも散見されるようになってきました。

もともとは人気のある機械は中古の値段が高い(販売価格以上になったり)傾向にあり、お店としても台数を買い足すか、又は減らしていくかの指標になっていました。

しかし規制の問題が大きくなってきたことにより、様々な要因が絡み合って中古機自体の値段が上がってきました。

特に少数しか販売されていないような機種は、中古の値段が高い傾向にあります。


そんな中、中古機の流通に歯止めをかけるような項目が義務付けられたのです。

車のローンと同じで、支払が完結するまでは所有権はまだ業者さん側にあるわけですが、今回の義務化においては、それはダメということを明確にしています。

つまり、支払が完済し、所有権がホールにないとダメだよ!ということですね。

⇒今回の義務化で発生する影響は?得するのは誰なのか?次ページで解説!