スポンサードリンク
main

大海物語3が導入されて1週間経ちますが、市場の評価がすこぶる悪いようですね。

初代モードとかどうでもよくて、とにかく回らない!全然出ない!という意見が多数を占めているそうで。

出玉を削ってスタートを上げるというメリットとデメリットを共存させたはず(詳細はこちらから)なのに、スタートが上がってないのでは、ただの粗悪品です。

そんな簡単にお店がキツくできるのも問題ですが、やはり犠牲になるのは常にお客さんです。

というわけで、回らないとどれくらい負けてしまうのか、実戦シミュレーションを急遽行いました。

ちなみに大海物語の等価ボーダーは22.2です。(スペックの詳細はこちらから

では行ってみましょう!


【実戦シミュレーション(1000円あたり22~19回転)】

22~18回転

22回転でほぼ等価ボーダーとなりますが、勝率は43.6%。

ちなみに等価ボーダーでは43.9%となっています。

一つ補足ですが、初期確率が辛くなっていくほど、この勝率というのは下がってきます。

勝率とは1玉でもプラスになったことを指しますが、勝った時の見返りが多くなっていくのです。

よくMAXタイプはなかなか落ち着かないと言われますが、勝率が低くなりボーダーであっても日ごとのバラツキが多くなるのが理由です。

逆に甘デジといった初期確率が甘い機種は、勝率が高くなってきます。一撃が少ないため、安定しているからですね。

さて話を戻しましょう。

1000円あたり19~20回転だと、市場で打っててもストレスに感じないレベルです。

しかし、ほぼボーダーラインとなる22回転と比較すると、勝率がかなり落ちてきます。

5万円が無くなってしまう確率も50%に近づいていってしまいます。

スタートが回らないため、初当りを経験できる確率も下がってしまい、結果的に1万発GET率も下がってきてしまいます。

一見、普通に回っているように見える回転数でも、まわるんスペックでは致命傷となってしまうのです。

ちなみに初当りしてからの出玉性能(連チャンの一撃性能)は何ら変わりありません。

初当りを引くまでが厳しくなるので、引いてしまえばちゃんと連チャンしてくれます。

では続いて、もっと回転数が下がったらどうなるのか、見てみましょう。


【実戦シミュレーション】(1000円あたり18~15回転)

18~15回転

1000円あたり18~15回転というと、牙狼やルパンといったMAX機種であれば、等価ボーダーの範囲内となります。

しかし、まわるんスペックでここまで回転数を落とされてしまうと、致命傷どころか死んでしまいます…

17回転未満になると、勝率は22回転の場合の半分まで下がってしまいます。

15回転まで下がると、5万円が無くなる確率は2/3まで増え、1万発GET率は1/3まで下がってしまいます…

今市場では、「全然玉が出ない!」という声が多く出ていますが、原因は『北斗の拳6』にあるのではないかと思っています。

「お店が回してくれない理由は『北斗の拳6』が影響している!?

これは小生の仮説ですが、今週から同時に導入された北斗の拳6が影響しているような気がします。

今回の北斗は設計値が少し辛くなっていますが、それでもお店としては1000円あたり15~16回転ほどで扱っているように感じます。

北斗はこれで良いのですが、もし大海物語3も同じような調整をしてしまっていたら、大海物語3にとっては大きなダメージとなってしまいます。

だってボーダーラインがそもそも全然違いますやん!と大海物語3は叫びたいでしょう…

もし北斗の導入が1週遅かったら、このような惨事は免れたかもしれません。

もちろん北斗以外に理由があるかもしれませんので、あくまで仮説に過ぎませんが。

ただ一つ言えることは、お店は『まわらんスペック大海物語3』として扱っているということです。


このままではまずいぞ、大海物語3!

出玉性能を削って1000円あたりの回転数を強化させたまわるんパチンコですが、1000円あたりの回転数が上がっていないのであれば、それはただ単に出玉性能を削っただけの極悪台です。

1回の大当りで獲得できる出玉がたったの1300では、正直厳しいです。

今のお店はだいたい1500個くらいで1箱なので、1箱にも満たないわけです。

今の大海物語3は完全に翼をもがれた鳥状態なので、何とかお店には有効に扱ってほしいものです!

【お知らせ】

今まで行ってきたパチンコ解析について、機種一覧のページが完成しました!

話題の新機種を取り揃えていきますので、チェックして頂ければと思います。

こちらです(ページ上部のバナー「パチンコ解析機種一覧」をクリックしてもOK!)