京楽『必殺仕事人5(1/309)』リリースは5/21濃厚か!

ガンツで小当り確変ループスペックがヒットした京楽さんですが、ちゃっかり仕事人5でも搭載してきたみたいですね。

水戸黄門は小当り増加スペックでしたがSTだったために全然ダメでしたね。

GANTZよりもマイルドなスペックみたいですが、気になるところです。

水戸黄門はコケたが、仕事人はコケることは許されません!

それでは早速スペックを見ていきましょう!

スポンサードリンク

400x185xa4097100e5065c6c53a44dc7e678ca4e.jpg.pagespeed.ic.xELYfTMtc8


【スペック解析】

無題

初当り確率1/309の確変ループタイプです。

1/319にしなかった理由はよくわかりませんが、このスペックの最大の特徴は「確変中はハマるほど出玉増加」という点です。

GANTZは2400発当りにのみ小当りRUSH仕様が付加されましたが、仕事人は確変であれば全ての大当りに小当りRUSHが付加されます。

そのため大当りの出玉は全体的に少なめになっており、爆発力はマイルドになっていますね。

あと突確についてですが、なぜか初当りには出玉がつかないのですが、連チャン中の突確にはおよそ90発の増加が見込めます。

だいたい1R分の出玉になるのですが、何やら秘密があるのかもしれませんね。

確変割合は60%となっていますので、時短の引戻し率約27.7%を合わせると、

連チャンモード突入率は約71.1%!

連チャン中は確変割合は変化がなく、突確の割合が少し減って15R確変の割合が上がっています。

よって、連チャンモード継続率も同じ約71.1%となります!

今回のスペック解析においては、次回大当りまでにおよそ300発増えるとの情報がありましたので、1分で20回転変動すると仮定して増加分は180個/分としています。

GANTZガンツと同じ確変ループの小当りRUSHとなっているため、小当りRUSHの性能について、さらに詳しく調べてみました!

⇒パチンコ必殺仕事人5!確変ループ小当りRUSHの仕組み解析完了!ガンツとの違いを徹底検証!

このあたりはスペックの詳細が明らかになったら、修正を入れていく予定です。

Sponsored Link


【実戦シミュレーション『VSガンツ&北斗の拳7』】

それでは、同じ確変ループスペックのガンツと、きっと主流になっているであろう北斗7と勝負していきたいと思います!

hikaku

10000発GET率までは仕事人が上回りますが、やはり全体的にマイルドになっているせいかガンツや北斗7に最終的には抜かれてしまいます。

ただガンツには結構近い数値が出ているので、ならしてしまえばガンツと同じ様なイメージになるのかもしれませんね。


【ボーダーライン(期待値)】

今回のボーダーについては、あくまで確変中の小当りRUSH性能が180個/分だった場合の数値となりますので、よろしくお願いいたします。


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーは17.7回転となり、かなり甘い分類となります。

27.5玉交換だと18.9~19.5回転、28玉交換だと19.1~19.8回転となり、20回転に収まってしまいますね。

20回転回れば、粘ってOKということになりますね。


『1円パチンコ』

2751

2801

等価だと14.2回転がボーダーとなります。

27.5玉だと15.1~15.6回転、28玉だと15.3~15.8回転となります。

目安としては15~16回転となりそうです。


『小当りRUSHによって変化するボーダー』

このタイプのスペックは、確変を引き続けられるかどうか、時短で引き戻せるかといった連チャン率にも影響しますが、小当りRUSH中にどれだけハマるかによってボーダーが変わってきます。

GANTZもそうでしたが、なかなか奥深いスペックになっていますね。


【まとめ】

  • 京楽の新台は、GANTZで成功した小当りループスペック!
  • GANTZよりもマイルドながら、確変なら絶対小当りRUSHになる!
  • ボーダーはとにかく甘いので、回転数は要チェックですよ!

Sponsored Link