ぱちんこ北斗の拳 トキ

【天翔百裂の最高負け金額は!?】

スポンサードリンク

導入から少し経っていますが、まだまだ人気の天翔百裂。

人気だった初代を継承してるだけあって、良い感じですね。

潜伏はキツいものの、メリハリが効いているので、ミドルスペックであるにも関わらず、連チャンとハマリのギャップが激しくなっています。

今回は、天翔百裂における、最高負け金額と最高勝ち金額を実戦シミュレーションで算出してみました!

まずは、最高負け金額から見ていきましょう!


【北斗の拳天翔百裂『最高負け金額ランキングトップ10』】

シミュレーションの条件としては、9時間実戦(お昼休憩あり)、投資金額は∞となっています。

負けランキング

どれくらい負けるかは、期待値(1000円あたりの回転数)によって異なるため、マイナス5万円からプラス5万円の期待値で範囲を設けています。

期待値マイナス5万円の場合、ワースト1位に輝いた負け金額は、なんと17万3216円!

途中でやめろよって感じですが、全ツッパが条件なので青天井となています。

ワースト10位まで出してみましたが、1位から10位までは800円程度しか差がありません。

実戦時間が限られていることもあり、つまりここが事実上の天井最大の数値ということになります。

ずっと当らない、もしくは2R潜伏を引いて、そのままスルーを繰り返すなど、出玉を一向に得られなかった状態ということになります。

期待値がマイナス3万円、マイナス1万円、±0円…と上昇していくと、負け金額も比例して低くなっていきます。

それに加味される要素ですが、1位と10位の差もどんどん広がっていきます。

ミドルスペックであるので、なかなか1日中出玉を得られない、という条件が厳しいのだと思います。

期待値が高ければ、その分リスクが軽減されるということですね。

つまり、当るまでは、何回転回っても一緒というのは間違っており、やはり期待値が高い方が、負けにくいということになります。

⇒⇒では気になる最高勝ち金額はどうなっているのか?次ページで紹介!