icon_2y_192

スポンサードリンク

 機械割とは?

機械割とは、パチンコの勝率を数値化したものです。

100%を超えるとお客さんのプラス、100%未満となるとホールのプラスとなります。

機械割の計算方法とは『払い出しの玉、つまりGETした玉数』を『吸い込んだ玉、つまり当てるのに使った玉数』で割ることで算出できます。

例えば、3000玉使って6000発出た場合は、6000÷3000=2となりますので、%で示すと200%となるわけです。

パチスロには設定というものがあり、段階によって機械割が異なります。

基本的に6段階あり、だいたいの機種は設定4以上で機械割100%を超えます。

だからパチスロを打つ人はカチカチ君を使って、設定4以上のいわゆる高設定を探すわけです。

でも今のパチンコには設定というものは存在しません。

ではパチンコはどうやって機械割を知るのでしょうか?


機械割100%を知る為に必要なのがボーダーライン!

パチンコはどの機械も大当り確率を始め、確変割合も時短回数も全て平等です。

ではどこでパチンコの機械割に差が出てくるのか!?

サイコロで1の目が出る確率は1/6です。これは変えようがありません。しかし、1の目を出す回数を増やそうと思ったら、試行回数を増やせば良いんです。

これはパチンコも全く同じことです。

回転数を上げれば、結果的に大当りする確率が高くなります。

では、一体どれくらい回転数を上げれば良いのか?

そこで登場するのがボーダーラインなのです!

機械割100%になるために必要な、1000円あたりの回転数がボーダーラインなのです。

パチスロは設定を推測する為にかなりの時間を要しますが、パチンコは回転数を見れば機械割が推測できるので、ある意味わかりやすいです。