smile

【確変継続率65%を悲観する必要はない!?】

スポンサードリンク

いろいろなMAX規制が追加されて、ついに確変継続率を65%までに留めないといけないという事態にまで陥ってしまいました。

特にこの確変継続率については、かなりお先真っ暗な雰囲気が業界に漂っているわけですが、それは本当なのでしょうか?

ほんの15年くらい前までは確変継続率50%が主流だったわけですから、まだマシだと思いたいところなのですが…

まぁ今まで確変継続率80%だの85%だの95%だの…かなりの連チャン性能を誇った機種がたくさん出ていただけに、ダメージが大きいのは分かります。

しかしいつまでも悲劇のヒロインをやっていても仕方ないので、今回は『確変継続率65%』がどこまでやれる子なのか、勝手にスペックを予想して検証していきたいと思います!


【その1:王道!確変ループから攻める!】

確変継続率65%+時短100回、というのが最初に思いつく王道なスペックだと思います。

時短100回における引戻し率は約26.9%となっており、トータルでの連チャン継続率は約74.4%とかなり高い数値となります。

連チャン中の出玉性能は制限がかけられているものの、メリハリをきかせたラウンド割合にするなど、工夫を凝らすことで連チャンするスペックが創れるんじゃないかなと思いますね。

⇒連チャン中の出玉性能の制限については、こちらをチェック!

普通の確変ループであるため、初当りにおいても確変継続率は65%となります。

おそらく初当りの大当り出玉を少なくする、初当りの時短回数を減らすなどして、ある程度の関門を設定することで、連チャン中の出玉性能を最大限に引き上げることが可能なのではないかと思います。


⇒⇒予想はまだまだ続く!STを活用したスペックは次ページで紹介!