c0b8b808

パチンコ業界に激震!連チャン継続率はどうなる?

スポンサードリンク

今年10月からMAX規制となる機種が登場しますが、実はこれで終わりではなかったようです…

大当り確率1/320未満、出玉の最低保証など、いろいろな規制が入りましたが、なんと更なる規制が入ることになったようです。

それはなんと、確変継続率65%への制限です!

これからは、北斗も牙狼も慶次も作れません…

かろうじて時短はそのままOK!ということみたいですが、時短100回付けても継続率は約75%が最大ということですね。


確変継続率?確変割合とどう違うのか?

今回の規制でポイントになるのは、確変割合ではなく、確変継続率ということかなと思います。

一見、この2つの言葉は同じように感じますが、かなり違います。

確変割合とは、確変と非確変に分けた際に、確変が占める割合のことです。

しかし確変継続率は、確変割合が幾つであっても関係なく、とにかく継続するかどうかがポイントとなります。

単に確変ループタイプであれば、特に気にする必要はありません。

実はこの解釈は『V確変』の時に重要になってくるのです。

V確変は、常に確変割合は100%になっています。

V(確変)に入れるラウンドで、玉がVに入るかどうかをアタッカーで制御しているだけにすぎません。

初当りで確変60%にしたければ、40%を無理やりVに入らないようにするだけで良いということになります。

この時、確変割合は100%だが、確変継続率は60%ということになるのです。

つまり、確変割合が65%に制限されてしまうと、事実上V確変が作れなくなってしまうわけですね。

確変割合と、確変継続率は似て非なるもの、ということなのです。


これからどうなる?実施時期は?

実施時期については、来年5月の新台から適応されるとのことです。

ダンバインや009の90%以上の超高継続タイプは、あと半年しか新台として出せないのですね…

今回の規制により、今までリードしてきた目玉機種が、これを機に崩れ落ちる可能性が出てきました。

逆に言えば、これはチャンスかもしれません。

初期の5号機のパチスロのように、新しい夜明けが来たのかもしれませんね。

一昔の50%確変ループというのもアリなのかもしれません。

ただ、個性が出せなくなって、金太郎飴のようなスペックばかりになるのも嫌な気がします。

まだトキオデラックスのようなハネモノや、AKBのような1種2種タイプがどうなるかわかりませんからね。

今後の動向に注意していきたいと思います!