CR牙狼復刻版-パチンコスペック攻略

【復刻した牙狼で勝ちたい!】

スポンサードリンク

パチンコに勝つために、勝率や最高勝ち額や最高負け額をシミュレートする企画第2弾です。

1回目のガルパンで終わろうかと思いましたが、意外に面白いとの声を頂きましたので、調子に乗って第2弾をやってみました。

今回は牙狼復刻版です!

伝説の初代牙狼を復刻させた本機ですが、当然1/399は作れないので1/319か…と思いきやまさかの1/199。

継続率はそのままだけど、出玉性能がごめんなさいしてるわけですが、初代の思い出と共に勝ちにいきたいわけです!

そのためには基本スペックを押さえておかなければいけないので、まだという方はリンクからどうぞ。

⇒『牙狼復刻版(ライトミドル)』スペック解析&ボーダー期待値


【勝つためには勝率を知らなければならない!】

勝率を知るということは当たり前なのですが、意外に勘違いすることが多いのが勝率です。

例えば+5万の期待値があれば100%勝てるとか、1000円で13回転くらいならあとはヒキだけだから勝率50%とか、オカルトが入り混じっているような状況なのです。

現実を見ることは大事なので、早速勝率を見ていきましょう!

牙狼復刻勝率

期待値0、つまりボーダーラインということですが、勝率は約49%となります。

ボーダーラインだから勝率50%ピッタリになるというのは厳密には違うということですね。

そして期待値+5万の場合ですが、勝率は約75%となります。

たくさん回るからと言って、絶対勝つわけじゃありません。

甘デジなど波が穏やかであれば勝率は高くなりますが、反面勝ち額は小さくなります。

一方、期待値-5万の場合、勝率は約25%となり、4回に1回しか勝てないということになります。

ここから勝利を収めようとするのは、かなり分が悪いことが分かります。

GWになると、軒並み期待値マイナスの台ばかりになりますから、注意が必要です。


【最高負け額トップ10はどうなる?】

どの期待値でも負ける確率が十分あるとわかったところで、最高負け額のトップ10を見てみましょう。

牙狼復刻負け額

期待値-5万だと-16万超えとなり、期待値+5万だと-12万超えとなりました。

9時間耐久という縛りがあるとは言え、期待値に関係なく負ける時はめちゃくちゃ負けることがわかりますね。

期待値+5万の場合、4回に1回しか負け領域に達しないわけですが、初当りが重くて、そして50%の壁が全然超えられなくて単発が続くと、こうなってしまうわけです。

どれだけ回っていても、人間設定が悪いとどうしようもないですね。


【最高勝ち額トップ10はどうなる?】

それでは今度は逆に勝ち額のトップ10を見てみましょう。

牙狼復刻勝ち額

期待値+5万だと+50万超えが狙えます!

期待値0円の場合でも+50万超えが出ていますね。

これはヒキ強によるものです。

1~10位まで順番に見ていくと、ちゃんとそれなりの結果となっています。

そしてびっくりなのが、勝率約23%の期待値-5万であっても、+30万オーバーが出ている点です。

回らない場合は、期待値がプラスの時以上にヒキが大事になってきます。

先ほどの「あとはヒキだけだから勝率50%」と考えてしまう気持ちは十分わかる結果となりましたね。

GWということで、かなり渋い機械ばかりが並んでいるかと思いますが、めちゃくちゃ噴いている台を見つけても、決してその台が回るとか思わないようにしてくださいね。

パチンコはヒキによって勝率が大きく変わってしまいますので…