E9AD9AE7BEA4E4BA88E5918AE382AEE383B3E382AEE383A9E38391E383A9E38380E382A4E382B93E696B0E58FB0

【魚群がついに商標登録!動きまでもが認められたぞ!】

スポンサードリンク

パチンコ業界において、最も有名な予告として名高い魚群ですが、ついに特許庁より商標登録されたとの発表がありました。

これは、新しい商標制度の運用が始まったことで、今までは認められていなかった「動き」や「音」についても、商標を登録できることになったことが大きいとされています。

ちなみに魚群については、『パチンコ台でリーチがかかった時に、魚群が液晶画面の右から左に泳ぐアニメーション』を『魚群予告』として商標登録されたようですね。

商標登録とよく聞くワードですが、そもそも商標登録とはどういうものを言うのでしょうか?


【商標っていったい何なの?】

それでは早速、商標についての解説から始めましょう。


商標とは、誰が作った商品なのかを示すマークのことです。

例えば『コカコーラ』は商標登録されている単語(登録番号:1499892号)なのですが、誰がその名前を聞いても、あの赤いパッケージの黒い炭酸飲料のことを思い描くと思います。

つまり、『コカコーラ』は唯一無二の存在として、小生ら国民が認識しているわけです。

だって黒い炭酸飲料って、ペプシもありますし、メッツもあるわけですが、『コカコーラ』はあの『コカコーラ』しかありませんよね!?

単語1つで皆が同じイメージを持つわけですから、商売する上ではかなり強い武器になるわけです。

商標の役割を大きく挙げると、以下の4点になります。


  1. 自分の商品と他人の商品を区分する(自他商品識別機能)
  2. 同じ商標が付いている商品は、常に同じ出所から流通されていることを示す(出所表示機能)
  3. 同じ商標が付いている商品は、全て同じ品質であることを示す(品質保証機能)
  4. 商標によって自分の商品と他との差別化を図り、お客さんが自分の商品を買いたいと思わせる(宣伝広告機能)

ちょっと難しくなりましたが、商標とは『俺は俺だぁ!』と周りにアピールできるようになる意味合いがあります。


魚群の商標が登録されると、今後の業界はどうなる!?次ページで紹介!