平和『シティーハンター(1/319ver)』3月20日リリース決定か!

シティーハンターはずっと平和さんからリリースされていますが、実はシティーハンターが登場するのは約5年ぶりとなります。

スペックは継続率重視の王道タイプらしいので、早速スペックを見ていきましょう!

スポンサードリンク

CRシティーハンターXYZ心の叫び


【スペック解析】

無題

初当り確率1/319の現行MAXタイプとなります。

確変割合は65%、次回大当りまで確変が継続する、王道確変ループですね。

初当りは突確無しの全て出玉あり大当りとなっており、非確変でも時短100回を保証する安心感のあるスペックです。

非確変で7Rあれば十分…あれ、7Rなのに純増600発程度しかありませんね。

そうなんです、実はシティーハンターはアタッカーが2つあり、確変となる16Rと4Rでれば下アタッカーが開放しますが、7Rの場合は右アタッカーが開放します。

どちらのアタッカーも賞球数は同じなのですが、なんとカウントが右アタッカーの方が1カウント分少なくなっています。

賞球は13個ですから、7R分でおよそ90発削られているということです。

なんかやってることがシティーハンターらしくないですが、おそらく連チャン中全て16Rにするには仕方のないことだったのでしょう…

初当りからも連チャン中からも確変65%+時短100回ですから、

連チャンモード突入率&継続率は約74.4%!

初当りでは出玉の少ない7Rと4Rだけですが、連チャン中は確変大当りは全て16Rとなります。

その割には純増で1550発程度しかないので、2000発搭載機種と比べると、どうしても見劣りしてしまいますね。

Sponsored Link


【実戦シミュレーション『VSヤッターマン&カイジ沼3』】

爆発力に定評のある、ヤッターマンとカイジ沼3と勝負してみましょう!

hiakku

これは正直キツいですね…

なかなか連チャンモードに突入しないであろうカイジ沼3よりも勝率が低く(誤差範囲ですが)、連チャン性能としても勝っているのは5000発GET率だけ。

シティーハンターは演出重視の機種ではありますが、中途半端感のあるスペックをカバーできるかどうかがカギになりそうです。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは20.5回転となります。

1/319タイプとしてみると、標準~やや辛めな印象があります。

戦国乙女~花は19.0開店でしたから、比較してしまうと辛めとなります。

ただ平和さんの機種はあまり甘いイメージはないので、標準とみても良いかなと思います。

27.5玉で21.8~22.5回転、28玉で22.1~22.9回転となります。

目安としては22~23回転となりますね。


『1円パチンコ』

2751

2801

等価だとボーダーラインは16.4回転となります。

27.5玉で17.4~18.0回転、28玉で17.7~18.3回転となります。

17~18回転が目安となりそうです。

【まとめ】


  • 平和の定番機種シティーハンターがついに登場!
  • 1/319スペックだが、かなり安定感を重視したスペック!
  • 連チャン性能は安定感のためちょっと低めな設計。
  • ボーダーは標準的だが、戦国乙女と比べると1回転辛い!

Sponsored Link