平和『めぞん一刻~約束~(1/256)』8/20リリース!

めぞん一刻は平和さんから何機種もリリースされていますが、2とか3とか付かないため、今回で何作目かちょっとわからないくらいですね。

わからなくなるくらいたくさんリリースされていますから、業界的にもロングセラーになっていることは間違いなさそうです。

今回はシリーズとしては珍しい1/256となっていますので、ゲーム性含めてスペックを見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

mezon8_top


【スペック解析】

無題

初当りは1/256のミドルスペックとなりますが、確変割合は最高の65%となっています。

ポイントとなるのは初当りであり、全初当りの半分で電サポが16回になるチャレンジモードですね。

一部の確変と、非確変すべてから構成されているモードですが、この16回転で大当りできるかどうかがポイントとなります。

突入時の確変期待度は30%となっており、確変であれば約33.3%で、非確変であれば約6.1%で16回転以内に大当りとなります。

よって、チャレンジモード中に大当りできる確率は、約25.1%となります!

なお、もし確変であったとしても、16回転以内に大当りできなかった場合は、潜伏確変状態となってしまうため注意が必要です!

連チャンモードに突入すると、確変65%と時短100回が約束されます。

しかも16R比率が50%となるため、爆発力も確かなものとなります。

ちなみに時短100回の引き戻し率は約32.4%となるため、

連チャンモード継続率は、約76.3%!

1/319のMAXスペックだと時短100回の引き戻し率はおよそ27%となるため、実は1/256の方が継続率が高くなりますよ!

Sponsored Link


【実戦シミュレーションVSひぐらしのなく頃に&銭形平次】

それでは最近の新機種で1/256付近の機種と勝負してみましょう!

hikaku

どれも一長一短といった感じですね。銭形平次は100%確変STとなるため安定感重視、一撃特化がひぐらしであれば、丁度中間に位置するのがめぞん一刻となります。

一見チャレンジモード搭載で暴れるイメージがあるのですが、全ての大当りで発生するわけではないので、まだ良心的なのかもしれません。


【ボーダーライン】

2754

2804

等価でのボーダーは20.1回と、MAX基準で考えても、標準~やや辛めな設計かなと思いますね。

非等価の場合、27.5玉交換では21.5~22.2回転、28玉交換では21.7~22.6回転となります。

1円パチンコも最近では新台がよく導入されるため、チェックしておいてくださいね!

2751

2801


【まとめ】

  • 平和の十八番、めぞん一刻が1/256のミドルでデビュー!
  • 特殊チャレンジモードを突破できれば、連チャンモードはすぐそこ!
  • ボーダーはやや辛めなところがあるので、回転数はちゃんとチェックしよう!

Sponsored Link