京楽『魔法少女まどか☆マギカ(1/319)』9/4リリース!

必殺仕事人で人気の息を吹き返した京楽さんですが、パチスロで大ヒットとなったまどマギのリリースとなりました。

タイプは1種2種ですが、80%ループを誇るらしいので、早速スペックを見ていきましょう!

スポンサードリンク

madokamagika-top


【スペック解析(1/319)】

無題

初当り確率1/319のMAXタイプとなります。

確変を搭載しない、いわゆる1+2種のタイプとなっていますね。

初当りは7R固定となっていますが、時短回数に振分けを持っています。

特図2で小当りを引くと連チャンということになるのですが、小当り確率は約1/7.3となっています。

つまり、時短回数が多ければ多いほど、連チャンする確率が上がるということですね。

初当りだと時短回数は100回、6回、1回とありますが、特図2には4個保留を貯めておくことができるため、実際に特図2を変動させるのはそれぞれ104回、10回、5回となります。

時短回数による引き戻し率は以下のようになります。


  • 104回:約99.99%
  • 10回:約77.0%
  • 5回:約52.0%

初当りだとほとんどが5回となりますが、最低でも50%以上の連チャン期待度があるということになりますね。

平均すると、連チャンモード突入率は約56.0%!

連チャン中は、最低が10回で、15Rを引くと104回となります。

15Rを引くとほぼほぼ連チャンとなるため、10%を引けると超ラッキー!ということですね。

なお、連チャンモード中の継続率は、約79.3%!

11Rがメインにはなりますが、3Rも意外に多いため、連チャン中はラウンドのヒキによる影響がとても大きくなります。

Sponsored Link


【実戦シミュレーションVSアナゴ、リング】

それでは最近人気となっている、アナゴとリングで勝負してみましょう!

hikaku

安定感としてはリングとなりますが、一撃性能だとギリギリでまどマギがトップとなります。

アナゴも確変ループタイプでありながら、なかなか高い連チャン性能を持っていますね。


【ボーダーライン(1/319)】

等価でのボーダーは20.4回と、京楽さんとしてはちょっと辛めなスペック設計となっています。

4円と1円それぞれでまとめてみましたので、参考にしていただければと思います!


『4円パチンコ』

2754

2804


『1円パチンコ』

2751

2801

【まとめ】


  • 京楽さんの大きな次の一手、まどマギが登場!
  • 1+2種スペックであるため、高い連チャン性能が魅力!
  • 15Rを引くと事実上連チャン確定なので、ラウンドのヒキも大事!
  • 京楽さんとしてはボーダーは辛めなので注意です!

Sponsored Link