大一『テレサ・テン2(1/129)』9/3リリース!

久しぶりのテレサ・テンの登場で市場もどよめきましたが、蓋を開けてみるとあまり良い反応がなくて残念でした。

どうして通常当りの方がラウンドが多いのか、未だに謎で仕方ありません…

甘デジになってスペックも一転、STスペックに生まれ変わったので、また違ったゲーム性となりましたね。

それでは早速スペックを見ていきましょう!

スポンサードリンク

Daijyou_POP-650x459


【スペック解析】

無題

初当りが1/129の甘デジですが、最近では珍しい大当り確率ですね。

最近だとコブラぐらいでしょうか…ちょっと台数が少なすぎてスペック解析は行っていませんが。

一撃性能重視というイメージがある初当り確率ですが、100%確変STの安全スペックとなっています。

ST回数は50回で引き戻し率も約50.7%と低いものの、特筆すべきは15Rですね。

通常時は特図1と特図2が交互に変動する8個保留となっているのですが、特図1には15Rが搭載されておらず、全て5Rとなります。

一方特図2で大当りすれば50%で15Rとなるため、初当りはどちらの図柄で大当りしたのかが重要となります。

そして連チャン中は全て特図2での変動となるため、50%で15Rとなるわけですが、如何せん連チャン率が低いので、1回の大当りの影響がとても大きいです。

初当りがちょっと辛い甘デジは、何かしら一撃性能を秘めていることが多いので、しっかりとスペックをチェックする必要があるかなと思いますね。

Sponsored Link


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは21.3回転となります。

甘デジで見ると、標準レベルの部類に入るかなと思います。

27.5玉で22.7~23.5回転、28玉で22.9~23.9回転となります。

目安としては23~24回転となりますね。


『1円パチンコ』

2751

2801

等価だとボーダーラインは17.0回転となります。

27.5玉で18.2~18.8回転、28玉で18.3~19.1回転となります。

18~19回転が目安となりそうです。


【まとめ】

  • 大一さんからテレサ・テン2の甘デジがリリース決定!
  • スペックはループタイプから100%確変STに変更となりました!
  • 連チャン率は低いながらも、15Rを引いた時の爆発力がポイントとなりそう!
  • ボーダーは標準なので、回転数をチェックして臨みたいところです!

Sponsored Link