サミー『ぷよぷよ(1/159)』12/3リリース!

ぷよぷよといえば、今のサラリーマン世代がドンピシャであろうパズルゲームの代表作です。

生みの会社はもう既になくなっていますが、ぷよぷよ自体は無くなっていないようですね。

パチンコにできるのか?という疑問があるものの、小当りラッシュとくっつけてくるあたり、さすがサミーさんといったところでしょうか。

気になる小当りラッシュスペックを解析していきますよ!

スポンサードリンク

450x221xScreenshot_2017-10-20-10-11-10_jpg_pagespeed_ic_RCpX1ryrwY


【スペック解析】

無題

初当り確率1/159の甘デジ(ギリギリ?)タイプとなっていますが、小当りラッシュに全てを注ぎ込んだみたいなスペックになっていますね。

大当りは2Rしかないため、小当りラッシュでどうにかするしかないといった内容です。

ロボゲイシャ同様に、小当りラッシュではない確変も存在するため、ちょっとややこしいですが、小当りラッシュに突入する前にワンクッションあるようなイメージで良いかなと思います。

その分小当りラッシュはちょっと遠い存在になってしまいますが、その分小当りラッシュが激しいことになるということですね。

まだどれくらいの純増性能かわからない部分もありますが、出玉の大部分を小当りラッシュに頼っていること、特図2の小当り確率が1/1.04と非常に甘いことから考慮して、今回の解析においては純増300個/分として解析を進めました。

Sponsored Link


【実践シミュレーション(VS蒼天の拳天羅)】

1/150のタイプがなかなか無く、最近だと蒼天しかありませんでした。

ただ蒼天はリミッタ付のスペックであるため、良い対戦相手かなと思います。

hikaku

おぉ!全体的にぷよぷよに軍配が上がりましたね!

小当りラッシュ特化は未知数なところがありますが、可能性は感じるスペックのようです。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!


『4円パチンコ』

04

等価におけるボーダーラインは23.6回転となります。

甘デジで見ると、辛い部類に入るかなと思います。

27.5玉で25.1~25.9回転、28玉で25.3~26.3回転となります。

目安としては25~27回転となりますね。


『1円パチンコ』

01

等価だとボーダーラインは18.9回転となります。

27.5玉で20.1~20.7回転、28玉で20.2~21.0回転となります。

20~21回転が目安となりそうです。


【まとめ】

  • 伝説のゲームぷよぷよがまさかパチンコに!
  • 小当りラッシュ特化スペックであるため、間口が少し狭い!
  • 突入しにくいからこそ、突入した時の一撃性はなかなかのもの!
  • ボーダーは辛め。ちゃんと回してくれているかチェックしよう!

Sponsored Link