大一『ひぐらしのなく頃に~祈(1/129)』11/5リリース!

1/319で大人気となったひぐらしですが、早速甘デジリリースの情報が入ってきました!

1/319タイプとゲーム性は変わらないようなので、さっそくスペックから見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

454ef1d9-s


【スペック解析】

無題

初当り確率1/129となりますが、最近1/129くらいの甘デジって大一さんくらいしかリリースしていないように思えます。

最近登場した1/129タイプってテレサテンくらいですからね…

ヘソ賞球が4個となったことで一撃性が落ちた分、初当り確率を辛くして性能をアップさせようというのが狙いだと思われます。

さて、まず初当りですが、16Rが1%というプレミアムを除けば、基本的に5Rで構成されており、確変と非確変の比率もほぼ1:1となっています。

確変であれば、そのまま連チャンモード突入となり電サポ70回が付加されますが、非確変の場合は30回の時短がついてきます。

電サポ70回は確変確定となるため、継続率は約65%となります。

一方で時短30回で引き戻せる確率は、約20.7%です。

合算すると、初当りから連チャンモードに突入できるのは、約61.1%!

連チャン中は大当りの振分も優遇され、初当りではプレミアムフラグだった16Rの比率が58%にまでアップします!

16Rだと出玉はおよそ1450発もあり、最近のホールのドル箱だと一杯になります。

1/129という甘デジでありながら、1回の大当りでドル箱満タンになるのは夢があっていいえすね!

なお連チャン中の継続率は、確変確定となるため65%となります。

Sponsored Link


【実践シミュレーション(VSテレサテン)】

同じメーカーとなってしまいましたが、テレサテンと勝負していきたいと思います!

hikaku

テレサテンは100%突入のSTタイプとなっていますが、連チャン中になると同じ1450発の比率が50%となるため、負けないくらいの出玉性能を誇るようになります。

ほぼ同じ性能となるのですが、16R比率が高いひぐらしが少し有利になるようですね。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!


『4円パチンコ』

04

等価におけるボーダーラインは21.9回転となります。

甘デジで見ると、ちょっと辛いくらいの部類に入るかなと思います。

27.5玉で23.4~24.2回転、28玉で23.6~24.5回転となります。

目安としては23~24回転となりますね。


『1円パチンコ』

01

等価だとボーダーラインは17.5回転となります。

27.5玉で18.7~19.4回転、28玉で18.9~19.6回転となります。

19~20回転が目安となりそうです。


【まとめ】

  • 人気のあったひぐらしが甘デジになって再登場!
  • 初当りが1/129と少し辛いものの、V確STで一撃性能重視!
  • ボーダーはちょっと辛めなため、回転数のチェックは忘れずに!

Sponsored Link